カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. 飲酒・喫煙の影響 >
  5. 授乳中のタバコ…やめるにはどうしたら?赤ちゃんに与える影響と危険性

育児・子供の病気

授乳中のタバコ…やめるにはどうしたら?赤ちゃんに与える影響と危険性

母親なら赤ちゃんのためにタバコはやめるべき。わかっていても禁煙はそう簡単にできるものではありません。

ここでは、授乳とタバコに関する意見・危険性・禁煙についてまとめました。

 

ダメだとわかっていても我慢できない、授乳中のタバコ

母乳とタバコに関する意見や疑問を集めてみると、こんな意見が集まりました。

 

・妊娠中は煙草を辞めていたが、産後また吸い始めてしまった。母乳もあまり出ないため粉ミルクを飲ませているが、本当はミルクをやめて母乳を再開したい。禁煙してからどのくらい経ってから授乳できるだろうか?

 

・妊娠中に辞めていたタバコを吸い始めてしまったため、母乳を中断している。もう一度タバコをやめて母乳に戻すには、どれくらい間をあければ影響ないだろうか?

 

・妊娠前までかなりのヘビースモーカーだったが妊娠発覚時に禁煙。しかし無事に出産が済んだ今、吸いたい気持ちがおさえられない。2日に1度、1日1本吸うだけでも母乳に影響はでるだろうか?

 

・良くないことは承知しているので、授乳の前2時間くらいは吸わないように心がけている。でも、ニコチンが母乳に移行するという話を聞いて、とても罪悪感がある。

 

・退院初日にタバコを再開。母乳の出も悪く、ミルクの方が多くなってきました。でも子どものために母乳もあげたい。タバコを吸いながら母乳を上げてもいいだろうか?

 

・タバコを吸ってしまったあと搾乳をしてその時は捨てた。ニコチンがいつまで体内に残っているのか気になり授乳を再開できないでいる。

 

授乳中のタバコの危険性とは?赤ちゃんへの影響

妊娠中は胎児への影響を心配してなんとか禁煙できたものの、産後は我慢ができずに喫煙を再開…

しかし、母乳中への影響が気になって気が気ではない、という意見が多いようです。

 

母親の血液中に吸収されたニコチンは、母乳中に2~3倍の濃度で移行するといわれており、その母乳を赤ちゃんに飲ませることはたいへん危険です。

 

喫煙後3~5時間程度経過すると、母乳中のニコチン濃度は低くなるという文献もあります。

どうしても我慢できずに吸ってしまったときは、3~5時間程度空けてから授乳すると良いかもしれません。

 

ただし、喫煙は母乳を出すためのホルモンの分泌を抑え、母乳が出ないようにはたらきます。

赤ちゃんに母乳を上げたいのなら禁煙を徹底するのが基本になります。

 

また、母乳中に移行するニコチンは意識して避けたとしても、母親の喫煙による子どもの受動喫煙には大きな影響があることを忘れてはいけません。

 

喫煙によって、以下のような影響があるといわれています。

 

乳児突然死症候群の増加

両親が喫煙する場合、乳児突然死症候群(SIDS)で死亡する危険性は4.7倍に増加するという報告があります。

 

知能の成長発達に影響

アメリカの小中学生4000名余りに読解力や 計算能力のテストを行った研究で、家庭での受動喫煙の程度が高い生徒ほど試験点数が低いという結果があります。

 

気管支喘息、呼吸器疾患

家族内で喫煙する人が増えるほど、子どもが喘息になるといわれています。

 

中耳炎

耳管を通って中耳にもタバコの煙が進入するため、中耳炎や難聴の発生率が上がります。

 

その他の症状 

そのほかにも注意欠陥多動性障害、化学物質過敏症、アレルギー性鼻炎、低身長、アトピー性皮膚炎、善玉コレステロール減少(動脈硬化のリスクUP)、慢性扁桃肥大、逆流性食道炎などが、受動喫煙児に起こる症状として挙げられています。

 

「自分は子どもの目の前で吸っていないから大丈夫」という人もいますが、本当に大丈夫でしょうか。

3歳児927人に対して受動喫煙の影響を調べた検査のデータでは、全体の52%の体内からニコチンの代謝産物であるコチニンが検出されました。

赤ちゃんにニコチンの害を与えないために、「母乳に出なければ大丈夫」と思わずに、禁煙できるよう努力したいものですね。

 

授乳中のタバコ…禁煙したい!

出産後、忙しさやストレスを紛らわせたくてついつい喫煙。

周囲に相談したら「子どものためにすぐにやめなさい」「どうして禁煙できないの?」と叱られてしまう…そんなときはどうしたら良いのでしょうか?

ここでは、タバコをやめたい授乳期のママのための情報をまとめてみました。

 

喫煙をやめられない理由

タバコをやめられないというと、「意思の弱い人」「情けない人」と思われてしまいがちですが、タバコをやめられないのは気持ちのせいではありません。やめられないのは、ニコチンが持つ高い依存性のせいです。

 

<他の依存性薬物との比較>

ニコチンは、コカインよりもヘロインよりも依存性が高いといわれています。

 

・依存のなりやすさ

ニコチン>ヘロイン>コカイン>アルコール>カフェイン

 

・使用中止困難

ニコチン=アルコール=コカイン=ヘロイン>カフェイン

 

・超過死亡

ニコチン>アルコール>コカイン=ヘロイン>カフェイン

 

「喫煙でストレスを発散できる」はカン違い?!

よく「禁煙するとストレスが溜まる」といいますが、喫煙でストレスが発散できていると感じているのは、ニコチン依存症状による勘違いです。

 

ニコチンの血中濃度が低下するとストレスを感じ、ニコチンを補給することによって快楽を得られます。

しかし、非喫煙者にはもともとないストレスを回復しているに過ぎず、非喫煙者より良好な精神状態になるわけではありません。

 

「育児のストレスをたばこが紛らわせてくれる」というのは、誤った認識であることを意識することが大切です。

 

若い喫煙者の増加が、低出生体重児の増加に影響

若年から喫煙を開始すればするほど、ニコチン依存度は高くなるといわれており、未成年からの喫煙は、成人後に禁煙したくても困難になるといわれています。

 

また、妊娠判明後も禁煙できず、妊娠経過中も喫煙を続ける女性は、10代で38%、20代前半で20%と年齢が若いほど多いとするデータがあります。

病児出産や低出生体重児の増加との因果関係があるといわれています。

 

授乳中のタバコ…禁煙する方法は?

禁煙したい!と思っても、簡単にはやめられないのが実際のところ。

どのように禁煙したらよいのでしょうか。

 

禁煙外来

ニコチン依存症は病気です。

気持ちの問題で解決できるものではありません。

 

禁煙を決心したら、禁煙外来を受診すると良いでしょう。

近年は、産婦人科で禁煙外来を行っているクリニックが増えています。

 

通常、妊娠・授乳期には禁煙補助剤を使用することができませんが、婦人科の禁煙外来ではニコチン依存症状を診断したうえで、必要に応じて禁煙補助剤を処方し、具体的な使い方を指導してくれることもあります。

 

自己判断での禁煙補助剤はキケン!

ガムタイプやシールタイプの禁煙補助剤の添付文書には、授乳中は使用しないよう記載されています。

これは、母乳中に成分が移行し、乳児の脈が速くなるなどの影響がでるためです。

 

喫煙以外の楽しみや、生活リズムをつくる

24時間続く慣れない子育ては、誰にとっても大変なもの。

タバコで気分を紛らわせたくなることもあるかも知れませんが、そこをぐっとこらえて、タバコ以外の方法で気分転換をはかりたいものです。

 

地域の子育て交流の場に出かけて友達を作ってみたり、タバコを買ったつもりで“つもり貯金”をして、おいしいものを食べたり洋服を買うなどしてみてはいかがでしょうか。

 

禁煙は、子どものためになるのはもちろんのこと、自分自身の健康のためにとても大切なことです。

妊娠をきっかけに、完全にタバコと縁を切れるようがんばっていきたいものですね。

 

(Photo by:足成 )

著者: seasideさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

飲酒・喫煙の影響に関する記事

アルコールの入っている食べ物、授乳中は避けるべき?

授乳中にアルコールの影響…洋酒を使ったケーキなどの洋菓子を避けているママも多...

ニコチン入り母乳を赤ちゃんに…授乳期の喫煙のこわい弊害とは?

妊娠中、タバコは絶対に吸ってはいけない禁忌項目に指定されているため、ほとんど...

飲酒・喫煙の影響の体験談

授乳中だけどお酒が飲みたい!

妊娠前はよくお酒を飲んでいたので、妊娠がわかって一番ショックだったことがお酒を控えなければいけないこ...

怖い!!虐待と同じ?授乳中のあかちゃんへのタバコの影響

妊娠するまでタバコを吸っていた方!! 妊娠中は吸うのを我慢できても産後はなかなか我慢ができなかった...

カラダノートひろば

飲酒・喫煙の影響の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る