カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. PMS・PMDD >
  5. >
  6. 寝汗や動悸、イライラなどのPMS(月経前症候群)症状が起こりやすい人とは?

女性のカラダの悩み

寝汗や動悸、イライラなどのPMS(月経前症候群)症状が起こりやすい人とは?

毎月きまった周期で来る生理。しかし、何らかの原因で女性ホルモンのバランスが乱れると、生理の乱れ、寝汗やホットフラッシュ、生理前の動悸を感じる場合があります。生理前の不調、PMS、更年期の可能性など、ホルモンバランスによる生理前、生理中の不調をまとめました。

 

◆正常な月経とは

正常な月経とは以下のすべてにあてはまる月経をいいます。

・月経周期が25日~38日

・月経が3~7日続く

・月経量が正常(レバーのような塊が入っている場合は多いと考えられます)

・月経痛などがない(日常生活に支障がない多少の腹痛などは正常範囲です)

女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)は、月経周期の中で量を変化させながら卵巣から分泌されますが、何らかの要因でそのバランスに異常がおこると、生理周期が乱れたり、月経困難症やPMSといった症状が現れると言われています。 

◆寝汗やホットフラッシュ~更年期?PMS?

女性が更年期に近づくと、ホルモンの量が減少し、さまざまな心身の不良が現れることが知られています。ホットフラッシュや寝汗、動悸などといった異常も更年期障害の一種だと考えられています。

しかし、生理のある若い女性の間でも、生理前になるとこのような症状がみられることがあり、PMSの症状の一種とされています。

 

PMSは月経のはじまる3~10日前から現れ、この頃から分泌量が多くなる黄体ホルモンが影響していると考えられています。PMSの症状は月経が始まるとすぐにおさまります。

 

PMSの原因は多岐にわたり、ホルモンバランスの乱れ、脳内神経伝達物質の乱れ、ストレスによる栄養障害、自律神経の乱れ、副腎疲労などさまざまで、PMSの症状自体も個人差があることから、これらの原因が組み合わさって発生しているのではないかと言われています。

 

◆PMSになりやすいタイプはどんな人?

PMSや、PMSよりもさらにひどいPMDD(月経前不快気分障害)に悩む人がいる一方で、ほとんどこのような症状がない人がいるのも事実です。PMSになりやすい人は以下のような女性だと考えられています。

・20代後半~40代の人

・母親がPMSの人

・過去や現在、鬱や不安障害があり、産後鬱やアルコール依存症の既往歴がある人

・食生活が乱れている、栄養不足の人

 

PMSは、時に日常生活に支障がでるほどの症状が現れることもあり、生理がくると、多かれ少なかれ、憂うつな気分になる女性は多いと思います。症状があまりにひどい場合は薬に頼ることも大切ですが、一度自分の生活習慣を見直してみましょう。 

(Photo by:写真AC) 

著者: fuji-444さん

本記事は、2016-10-12掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

カラダノートひろば

汗の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る