カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 原因 >
  5. 糖尿病が多い国ランキングからみえる、食事に隠れた糖尿病リスクを知って予防しよう

生活習慣病

糖尿病が多い国ランキングからみえる、食事に隠れた糖尿病リスクを知って予防しよう

世界的に増加し続けている糖尿病。その国の食生活によって、糖尿病患者の数にも大きな影響が出ているようです。

 

世界糖尿病患者数ランキング

国際糖尿病連合(IDF)の調査によると、2013年現在までの糖尿病患者数の世界ランキングは以下のようになっています。中国では糖尿病患者数が年々増加し、アメリカやインドを抜いて1位になっています。近年の経済成長にともなって、国民の食生活が豊かになったことが原因であると考えられます。

 

日本は昨年の9位から10位へと順位が下がり、昨年は10位以下だったドイツが新たに8位に入りました。

 

1位 中国(約9840万人)

2位 インド(約6507万人)

3位 アメリカ(約2440万人)

4位 ブラジル(約1193万人)

5位 ロシア(約1092万人)

6位 メキシコ(約872万人)

7位 インドネシア(約855万人)

8位 ドイツ(約756万人)

9位 エジプト(約751万人)

10位 日本(約720万人)

 

紅茶をよく飲む国と糖尿病発症率の関係

ある研究結果によると、紅茶をよく飲む習慣のある国は、2型糖尿病患者数が少ないといいます。紅茶が糖尿病の予防に効果的であるという事実は、過去にも生物学的分野などからの研究で示唆されています。

 

紅茶を最も多く消費する国はアイルランド、その次にイギリス、トルコとなっています。反対に紅茶消費量が少ない国は、韓国、ブラジル、中国、モロッコ、メキシコなどの糖尿病患者が比較的多い国が並んでいます。

紅茶には血糖値を下げる効果のあるフラボノイドが多く含まれています。

 

日本人の糖尿病の特徴

糖尿病はおもに、「インスリンの分泌能力の低下」と「インスリン抵抗性」が原因となっています。日本人を含むアジア人は欧米人に比べると、それほど肥満ではなくても、2型糖尿病を発症しやすいという研究結果があります。

 

その研究によると、日本人を含むアジア人はインスリンの感受性はよいが、分泌能力は欧米と比べると低いようです。そして、肥満によりインスリン抵抗性が増すことで、インスリン分泌量が追い付かず、糖尿病になりやすいということです。

 

アジア人は糖尿病予防のためには、特に食事管理や運動による肥満の解消と予防が重要と言えそうです。

 

世界の国々は、それぞれ全く異なる食習慣をもっており、それが糖尿病になりやすい体質となりにくい体質の重要な決定要因となっているようです。とくにアジア人は、少しの肥満が原因で糖尿病になりやすい体質をもっていることから、食生活の改善による肥満防止がとても大切といえます。

 

「妊娠・出産」で人気の記事はこちら

●妊娠中の夏、水分補給には注意が必要!炭酸飲料には気をつけて

(Photo by: [//www.irasutoya.com/])

著者: fuji-444さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

甘いものが直接の原因ではない?糖尿病の原因とは?

糖尿病と聞くと生活習慣病の一つであることから、偏食や運動不足などの生活習慣が...

小さい頃からの癖づけが重要!子どもに甘い飲料ばかり飲ませていると○○症候群の危険が…

  発汗の多い夏には、ただの水よりもスポーツドリンクのような飲み物がいいとされま...


糖尿病発症の原因は血糖値の上昇を抑える「インスリン不足」から

    インスリンは膵臓の内分泌組織で作られ、刺激を受けると血液中に流れ込みま...

糖尿病は遺伝する?遺伝から発症までのメカニズム 

    糖尿病が遺伝する確率は高く、家族に糖尿病患者がいる人は注意が必要です...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る