カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 緊張性頭痛 >
  4. 対処・予防法 >
  5. 姿勢をチェックして緊張性頭痛を防ぐ

頭痛

姿勢をチェックして緊張性頭痛を防ぐ

 

 

緊張性頭痛は筋肉の緊張からきています。

そんな緊張性頭痛を治すためのヒントが姿勢にあります。

 

●頭は案外重い?

普段は体の重みを意識することはあまりないかもしれません。

ですが、実際に測ってみると頭は案外重いということがわかります。

頭の重さは大人で約4kg-6kgと言われています。

これはかなり大きめのスイカと同じくらいの重さです。

私たちの体は起きている間中、4-6kgのスイカを載せているようなものだと覚えておいてください。

 

●姿勢が悪いと筋肉の緊張が起きる

姿勢が悪いと肩こりや首こりなど筋肉の緊張が起きます。

頭を支えるための骨、筋肉は正しい位置に頭が乗っていることが前提条件となっているからです。

頭がずれていたり、首や肩に変な力が入っていると、どこかの筋肉がしわ寄せを受けることになります。

特に注意したいのはうつむきの姿勢です。

首の筋肉を収縮させ、緊張性頭痛を引き起こします。

 

●正しい姿勢を作る

正しい姿勢を作るためには、背筋を伸ばすことが欠かせません。

普通に立った時に猫背になっている人は、まず背筋を伸ばすことを意識してみてください。

目線は少し遠くを見るくらいでちょうどよいです。

立つときには頭からつま先まで一本の線が通っているようなイメージで行うとよいでしょう。

座るときにも背筋を伸ばすことを意識してください。

 

同時に、膝は上半身に対して直角か80-100度くらいの角度になるように注意します。

パソコンを扱う時は1時間に1度は目を休めることも忘れないでください。

 

 

正しい姿勢はもちろん重要ですが、同じ姿勢を長時間続けると、血の巡りが滞ってきます。

1,2時間に1度は休憩をし、ストレッチなどをするようにしてみましょう。

 

カラダも心もリフレッシュしますよ!

 

(Photo by//www.ashinari.com/2012/10/30-372362.php?category=265)

著者: 麻波さん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処・予防法に関する記事

眼の疲れが頭痛の原因かも?!眼と脳を休めて緊張性頭痛対策

  現在は、パソコンを利用して、眼に使うことが多くなりました。また、スマー...

緊張性頭痛とアニマルテラピー

  動物を使ったセラピーをアニマルセラピーと呼んでいます。DVの被害者、心...


緊張性頭痛にお勧めのアロマとその使い方

  緊張性頭痛持ちの方には緊張をほぐす方法がお勧めです。緊張をほぐすための...

ペットは最高の癒しを与えてくれる!?脳をリラックスさせて緊張性頭痛改善

  パソコンや読書などの眼をよく使う作業をしていると集中しやすく、疲れや肩...

カラダノートひろば

対処・予防法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る