カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 原因 >
  5. 糖尿病有病者が多い国と少ない国~その原因はなに?

生活習慣病

糖尿病有病者が多い国と少ない国~その原因はなに?

 

糖尿病患者が多い国と少ない国には、どのような違いがあるのでしょうか。原因などについて見ていきましょう。

 

 

◆世界糖尿病有病率ランキング

 

国際糖尿病連合(IDF)では、世界を7つの区域に分けて糖尿病人口を算出しています。日本や中国や太平洋諸島が含まれる西太平洋地区(WP)は、最も糖尿病患者が多い地域です。2013年現在の糖尿病有病率ランキングでは、10位までの中に多くの西太平洋地区の国や地域が含まれています。赤字がWPに含まれる地域です。

 

1位 トケラウ(37.49%)

2位 ミクロネシア(35.03%)

3位 マーシャル諸島(34.89%)

4位 キリバチ(28.77%)

5位 クック諸島(25.66%)

6位 バヌアツ(23.97%)

7位 サウジアラビア(23.87%)

8位 ナウル(23.29%)

9位 クウェート(23.09%)

10位 カタール(22.87%)

  

◆肥満と糖尿病

 

肥満は糖尿病の重大な原因となります。上記の糖尿病有病率ランキングで上位を占めているほとんどの国が、太平洋諸島にあります。そしてその地域の多くの国々は、世界肥満度ランキングの上位にもランクインしているのです。太平洋諸島の国々では国民の肥満率が非常に高く、糖尿病患者数も年々増加しています。このように、肥満が糖尿病の発症原因になるということは周知の事実ですが、日本人を含むアジア系民族は特に肥満が原因で糖尿病になりやすいといわれています。欧米人の標準体重範囲内に入っても、アジア人の方がより糖尿病を発症しやすいという研究結果がでているのです。そこには、アジア人のインスリンの分泌能力が体質的に欧米人よりも低いことが理由にあるようです。

 

◆遺伝子と糖尿病発症の関係

 

糖尿病の発症には、遺伝子的な要因も関係しているといわれています。1型糖尿病の場合は、親族に1型糖尿病患者がいる場合には発症リスクが高まると言われています。また、他の人種よりも白人の方に1型糖尿病発症者が多い傾向があるようです。2型糖尿病の場合も同様に、親族に2型糖尿病患者がいる場合の発症リスクは高まると言われています。その他にも、理由は明確には分かっていないものの、黒人、ヒスパニック、アメリカン・インディアン、アジア系アメリカ人は2型糖尿病の発症リスクが高いといわれています。

 

糖尿病の発症には、食生活などの生活習慣と遺伝子的要因が絡み合って影響を及ぼしていると言えそうです。肥満が原因で糖尿病を発症しやすい日本人は、特に食生活に注意をする必要があるでしょう。

 

(Photo by: [//www.irasutoya.com/2013/02/blog-post_3678.html])

著者: fuji-444さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

1型糖尿病の原因が夏風邪のウイルス?ウイルス感染で47%が高血糖になる可能性

生活の乱れと関係なく発症するのが、1型の糖尿病です。1型糖尿病の原因は加齢や...

糖尿病にはどんな種類があるの?基礎知識を身につけよう!

現在、糖尿病やその予備軍は非常に多く、国民の5人に1人は糖尿病だといわれてい...


正しく知って欲しい糖尿病の「4つのタイプ」

  テレビや雑誌で多く取り上げられる事のある病気の一つに「糖尿病」が上げら...

子どもや若い人に発症する、1型糖尿病と腸内細菌との関係は?

子どもや若い人に発症する1型糖尿病…。 近年では、1型糖尿病と腸内細菌の関係が...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る