カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 原因 >
  5. 1日の歩行数が原因!?糖尿病に直結する肥満が多い県と少ない県

生活習慣病

1日の歩行数が原因!?糖尿病に直結する肥満が多い県と少ない県

 

 

肥満と糖尿病には密接な関係があります。ある研究によれば、アジア人は欧米人よりも肥満度が低いうちから糖尿病を発症しやすいそうです。それには遺伝子的な要因があると考えられています。日本は欧米に比べると肥満人口が少なく、極端な肥満の人はあまりいないとされていますが、男性ではどの年代においても10年前や20年前と比べると肥満の数が多くなっています。女性では、30~60歳代での肥満が多くなってきているものの、若い世代での低体重も増加傾向になっています。男性は女性に比べて体重コントロールへの意識が低いことも肥満増加につながっているようです。

 

 

肥満が多い都道府県は?

 

政府が2006年3月に策定した「食育推進基本計画」によると、BMI指数が25以上の肥満者の全国平均は、男性で29.3%、女性で26.6%です。最も平均肥満度が低い都道府県は、東京都、神奈川、大阪などの都市部に集中しています。肥満度が高い都道府県は、東北地方、四国地方、沖縄県に集中していました。続いて、肥満予防のために積極的な摂取が勧められる野菜の平均摂取量でみた場合、平均より多く野菜を摂取している都道府県は、岩手県、宮城県、秋田県などの東北地方でした。このように肥満度と野菜摂取量自体はあまり関係がないようですが、肥満には濃い味付けや野菜の種類なども関係していると予想されます。

 

◆よく歩く人に肥満は少ない?

 

同資料によれば、1日の全国平均歩行数は成人男性で7525.5歩、成人女性で6662.6歩。最も歩行数の多い都道府県別は、男性が、1位神奈川(8371.5歩)、2位兵庫(8281.2歩)、3位東京(8237.8歩)。女性では、1位高知(7777.5歩)、2位兵庫(7499.8歩)、3位神奈川(7371.4歩)です。最も歩行数の少ない県は男性が1位高知(6173.1歩)、2位山形(6207.2歩)、3位徳島(6217.7歩)。女性が1位山形(5214.8)、2位和歌山(5842.4歩)、3位岩手(6005.7歩)です。歩行数が多いところでは、肥満者が平均値を下回り、歩行数が少ないところでは、平均値を上回る傾向にあることがわかりました。よって、適度な運動は肥満および糖尿病予防に効果的であると言えそうです。

 

 

糖尿病を未然に防ぐためには肥満を予防することがとても大切です。食事管理だけではなく、日ごろからエスカレーターを使う代わりに階段を使ったり、近いところへは歩いていくなどして運動量を増やすことが大切です。

 

(Photo by: [//www.irasutoya.com/2013/03/blog-post_4205.html])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

飲み過ぎに注意!ペットボトル症候群

    ペットボトル飲料などの飲料水の飲み過ぎによって起こる症状です。    ...

糖尿病が多い国ランキングからみえる、食事に隠れた糖尿病リスクを知って予防しよう

世界的に増加し続けている糖尿病。その国の食生活によって、糖尿病患者の数にも大き...


インスリンが出ない?効かない?糖尿病になる理由

  インスリン分泌障害と抵抗性増大によって糖尿病は発生します。 ・インスリン...

二次性糖尿病や妊婦糖尿病など…1型・2型糖尿病に分類されない糖尿病の種類

    糖尿病には1型糖尿病、2型糖尿病に分類されない糖尿病があります。1型...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る