カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. その他 >
  5. 2013年 世界の糖尿病患者数ランキング!

生活習慣病

2013年 世界の糖尿病患者数ランキング!

 

 

2013年現在、世界では3億8200万人の糖尿病患者がいるといわれており、およそ2億8000万人の人が糖尿病予備軍であると考えられています。2型糖尿病患者は、世界中の国々で増加傾向にあり、日本でも昨年の710万人から増加し、720万人の患者がいるといわれています。2013年に糖尿病によって死亡した人は世界で510万人にも上りました。これは6秒に1人の割合で、糖尿病により命を落としている計算になります。糖尿病はまさに世界的な病気です。

 

 

◆世界の糖尿病患者数ランキング

 

国際糖尿病連合(IDF)は、世界を7つの地域に分けて糖尿病患者数を算出しています。日本はWP(西太平洋)地域に分類されており、この地域は最も糖尿病患者数が多く、増加率も高いとされています。以下に全世界の患者数とWP地域の患者数のランキングを示します。世界ランキングでは10位に位置している日本ですが、WP地域でみると、3位にランクインしています。世界ランキングの上位3国は、しばらくの間変化しないだろうと予想されています。

 

●世界ランキング

 1位 中国 9840万人

2位 インド 6507万人

3位 アメリカ 2440万人

4位 ブラジル 1193万人

5位 ロシア 1092万人

 

●WP地域ランキング

1位 中国 9840万人

2位 インドネシア 855万人

3位 日本 720万人

4位 韓国 332万人

5位 ベトナム 329万人

 

◆日本人患者は糖尿病の理解度が低い?

 

国際糖尿病連合が、日本を含む計6か国におこなった国際調査において、医師が合併症を防ぐための運動、食事療法による血糖コントロールの説明をしたにもかかわらず、実際に行動を起こした患者が半数ほどにしか満たなかったということがわかりました。医師からの説明後に運動を生活に取り入れた人は40%で、食事の改善をした人は49%でした。特に日本人は、糖尿病に関する知識は6か国のうちで最低であることが調査によりわかりました。日本では。糖尿病患者が年々増加傾向にあり、ますます私たちに身近な疾患となっていくことが予想されます。糖尿病を予防するためにも、正しい知識を身に着けることはとても大切です。

 

 

糖尿病は初期のうちはあまり自覚症状がないため放置されがちですが、初期の段階で血糖コントロールをおこなえば、合併症を防止することができます。また、自分で病気に対する知識を得ることは治療をスムーズにしますので、糖尿病患者の方や予備軍の方は糖尿病について積極的に医師に相談したり、わからないことは聞くようにしましょう。

 

(Photo by: [//www.irasutoya.com/2013/01/blog-post_2340.html])

著者: fuji-444さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

こんなに多くて、こんなに怖い?日本の糖尿病患者の状況、知っていますか?

糖尿病の基礎知識として覚えておかなければいけない点として、糖尿病は日本人にと...

妊娠中はインスリンの分泌・働きが不安定に!血糖値が不安定なら知るべき、妊娠期の血糖変化

   1人の体の中にもう1人の体があるというのは、ある意味異常事態とも言えます...


日光浴で糖尿病改善効果がある?!ビタミンD摂取では再現できないメカニズムとは?

2014年11月号のDiabate誌に『マウスによる実験で、日光浴を行うことで...

医療費負担を軽減!糖尿病で医療費控除を受けよう!医療費控除とは?

糖尿病の医療費負担の軽減を行うためのいくつかの制度が日本にはあります。合併症...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る