カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 症状 >
  5. 高血圧~自覚症状が出るころには危険な状態に!?

生活習慣病

高血圧~自覚症状が出るころには危険な状態に!?

 

 

高血圧の自覚症状はほとんどないことが多いのですが、まれに、高血圧の初期の段階でも頭痛や頭が重い、いつもより鼻血が出やすい、めまいなどが起こるなどの症状が現れることがあるようです。しかし普通はこのような症状は、生命にかかわるほどの危険な状態にならなければ生じないと言われています。 ですので、高血圧で治療を受けている人がこのような状態になってしまったときは、とても危険な状態である可能性があります。すぐに医療機関で診察を受けましょう。

 

 

◆高血圧は心筋梗塞のリスクを高める

 

高血圧は、生命にかかわることが多い心筋梗塞などの心血管系のリスクを3倍に上昇させるといわれています。その他、肥満や喫煙、糖尿病などと併発することで、そのリスクはさらに何倍にも高まります。厚生労働省の「高血圧治療ガイドライン2009」によれば、高血圧治療を受けていない人を合わせると、およそ4000万人の高血圧患者がいると言われており、その数は年々増加傾向にあります。

 

◆「早朝高血圧」とは

 

血圧は通常、寝ている間は低くなり、起床と共に上がりだして昼に一番高くなります。ですが、高血圧の方の中にはよく「早朝高血圧」と呼ばれる、朝方に特に血圧が高くなってしまうタイプの方がいます。降圧剤を飲んでいるにも関わらず、朝の血圧が高くなってしまう方は高血圧患者の半数にものぼると言われています。早朝高血圧の怖いところは、脳卒中や心筋梗塞などになりやすいということです。早朝高血圧を見つけるには、家庭で朝起きた時の血圧を自己測定し、その記録を主治医に見せることが大切です。

 

 

高血圧にはほとんど自覚症状がないことから、見過ごされたり、未治療のまま時間が経過したりしがちです。ですが、それは合併症を引き起こす可能性を高めますので、しっかりと医師の指導の下で治療をおこないましょう。

 

(Photo by: [//www.misaki.rdy.jp/illust/jinbutu/kourei/kourei4/sozaitext/203.htm])

著者: fuji-444さん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

発汗症状が見られる、高血圧の原因疾患とは?

高血圧症 高血圧症とは血管がつまったりすることとによって血流が悪くなり、それに...

高血圧治療中でのふらつき、めまいの症状が出る原因は何?

  高血圧と診断されたら、生活習慣を改善するため運動療法や食事療法などの指...


放置すると血管壁を徐々に侵食!高血圧に自覚症状はあるの?

    高血圧は本態性高血圧と二次性高血圧(症候性高血圧)に分けられます。本態性...

高血圧による頭痛の症状、急な痛みには要注意!

  高血圧の症状はこれといったものが無く、頭痛やめまいなど風邪や疲れでもお...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る