カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. 網膜症 >
  6. 糖尿病の合併症、「網膜症」と「白内障」について

生活習慣病

糖尿病の合併症、「網膜症」と「白内障」について

 

糖尿病は高血糖によるインスリン不足から起こる、さまざまな合併症が起こります。糖尿病性網膜症と糖尿病性白内障は主な合併症の一つです。このことからも、糖尿病と視覚異常は密接な関係にあるといえます。

 

 

【糖尿病の基礎知識】
血液中の糖分が極端に多いと、身体にエネルギーとして取り込むインスリンの働きが追い付かず、だんだんとインスリン不足が進み、糖分過多の状態になります。高血糖は神経系などの働きを弱くし、糖尿病特有のさまざまな症状となって現われます。

 

 

【糖尿病性網膜症】


<網膜とは>
目の奥の膜の部分です。目で見たものを焼き付けるフィルムの役割をしています。毛細血管から栄養をもらっていますが、高血糖によって血管が弱り出血や瘤(血管瘤)が出来る症状です。

 

<症状>
単純網膜症
軽度のうちは無自覚で、眼底鏡でのぞけば小さな出血のあとや白斑が見える程度です。
増殖網膜症
症状が進行すると、出血量が多くなったり、酸素を取り入れようとして新しい血管が増殖します。すると視界の中に、出血跡や血管の影が映ってわずらわしく感じます。

 

<治療>
単純網膜症のうちに血糖コントロールをしっかり行えば、安定した状態を保つことができます。増殖網膜症になると、レーザー光線で新しい血管の増殖を防ぐことができます。

 

 

【糖尿病性白内障】


<白内障とは>
目の中にある水晶体が白く濁る病気です。光を通しづらくなるため、目が見えにくくなる、または失明してしまいます。たんぱく質が異常に分泌され、水晶体に蓄積されることが原因です。
軽度の白内障は高齢者にはごく一般的ですが、糖尿病患者にも合併症として発症しやすい病気です。

 

<症状>
目がかすむ
・霞がかったように見える
・光をみるとまぶしく感じる
・所見でも虹彩の奥に白い濁りが見える

 

<治療>
白内障が発症すると、血糖値コントロールや服薬などの糖尿病治療では改善できません。治療には手術が必要です。


水晶体の前面膜を取り除く
人口水晶体と入れ替える(または度の強いメガネをかける)
これにより、濁った水晶体が新しくなるため、視力も回復します。

 

 

~手術は適したタイミングで~
・糖尿病網膜症のレーザー光線治療は、血管の増殖しそうな部分を光線で破壊する手術を行います。これには、単純網膜症から増殖網膜症へ移行する直前のタイミングが一番適しています。

・糖尿病性白内障は、ある程度白内障の症状が進行した状態が、手術に適しています。

 

担当医に相談の上、経過を観察し正しいタイミングで治療するようにしましょう。

 

(photo by//www.ashinari.com/2011/07/05-037365.php

著者: kaoruさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

網膜症に関する記事

糖尿病で失明になることも

 糖尿病を放置しておくと失明する危険性があるというのは有名な話です。それは糖尿病...

どうして失明まで放っておいてしまう?糖尿病で「目のかすみ症状」を見逃すな!

   現代人はスマホやパソコンの使用機会が多いからか、目の症状を抱えることが多...


失明の恐れも!糖尿病における恐ろしい眼の合併症

糖尿病の怖いところは、糖尿病そのものよりもその合併症です。 その中でも、眼...

糖尿病で目の充血?!糖尿病網膜症とは?

基本的に目の充血は、目の疲れや目の病気が原因で起こりますが、時として身体の病気...

カラダノートひろば

網膜症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る