カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 症状 >
  5. 高血圧と身体のだるさ~見逃してはいけない症状

生活習慣病

高血圧と身体のだるさ~見逃してはいけない症状

  

高血圧に自覚症状はほとんどないといわれています。しかし、一部の人には頭痛や頭の重さ、だるさなどの症状が現れることがあるようです。

 

一般的には、血圧がかなり高い状態が長く続いてもはっきりとした症状は現れないことから、何か自覚症状が現れた場合は、高血圧の他に何か合併症を併発している可能性を考えた方が良いかもしれません。

  

◆だるさが関係する合併症 

高血圧の合併症でだるさが関係するものは、心不全、糖尿病、腎臓病などです。

 

心不全では心臓の機能が低下することで、全身に十分な酸素や栄養を送れなくなり、動悸、息切れ、だるさなどが生じます。糖尿病は高血圧と併発することが非常に多く、糖をエネルギーに変換する機能が衰えることで、だるさを感じることがあります。

 

また、腎臓病は高血圧が続くと併発することがある腎機能低下障害です。むくみやだるさ、頻尿、多尿などの症状が起こります。糖尿病の合併症として腎臓病が起こることもあります。

 

◆なぜ高血圧が腎臓の機能を低下させるのか

高血圧患者のおよそ30%に、腎機能の障害があると言われています。

 

高血圧が続くと、動脈硬化といって、血管壁が高い圧力に耐えるために分厚くなったり、硬くなったり、血液が通る道幅が狭くなったりする症状が起こります。

 

この動脈硬化が腎臓で起こると、腎機能が低下し、体内の水分バランスがうまく保てなくなったりして、むくみ、だるさ、食欲不振などが生じ、さらに血圧も高くなってしまいます。

 

腎臓病を防ぐには高血圧の治療だけでなく、腎臓に負荷を与える喫煙、過度のアルコール、塩分の多い食事、ストレスなどをできるだけ避けることが大切です。

 

高血圧の治療を受けている人で、動悸、息切れ、だるいなどの症状が出た場合は、重大な合併症が隠れている場合もありますので、迷わずに医療機関を受診してください。

(Photo by: [//www.irasutoya.com/])

著者: fuji-444さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

高血圧緊急症ってどんな病気?早期に治療をして命の危険を回避!

  ◆高血圧緊急症とは 悪性高血圧とも言われている高血圧緊急症とは、血圧...

早朝高血圧対策!症状がおきないようにするための注意点

  高血圧のタイプの中の一つに「早朝高血圧」があります。昼間は普通の人と変...


重大な病気が隠れていることも!?高血圧のふらつき・めまい症状について

  日本では、30歳以上の半数近くが高血圧だと言われていますが、これといっ...

早朝が危険!仮面高血圧

仮面をかぶっているように一見隠されている高血圧です。隠れているからって安心し...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る