カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 予防 >
  5. サプリメント >
  6. フィッシュオイルのサプリメントの高血圧への作用メカニズムとは

生活習慣病

フィッシュオイルのサプリメントの高血圧への作用メカニズムとは

 

 

 

フィッシュオイルは、魚そのものを食べたり、サプリメントによって摂取することができます。フィッシュオイルには「オメガ3脂肪酸」という抗炎症作用はじめ、さまざまな効能がある不飽和脂肪酸が含まれています。オメガ3にはαリノレン酸、DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)があり、αリノレン酸は植物性の食品に含まれ、EPAとDHAは、いわしやさんまなどの青魚類に多く含まれています。植物由来のαリノレン酸は体内でDHAとEPAに合成されますが、フィッシュオイルはDHAとEPAをそのまま含むため、体内で合成する必要がありません。

 

◆高血圧にフィッシュオイル

 

フィッシュオイルが血圧を下げる作用があることは、多くの研究により指摘されています。フィッシュオイルに含まれるDHAとEPAは動脈硬化を予防し、中性脂肪の値を下げて心疾患のリスクを下げるといわれており、その結果、血圧が低下するといわれています。それ以外の効能として、DHAは主にアルツハイマーやADHDなど脳神経系の疾患に効果を発揮し、EPAはアトピー性皮膚炎やアレルギー、関節炎などの抗炎症作用が代表的な効能です。

 

◆フィッシュオイルの副作用

 

フィッシュオイルに含まれるオメガ3脂肪酸は、血圧を降下させる作用だけでなく、成長期の子供の脳の発達や機能を正常に保つためにとても大切です。フィッシュオイルの副作用はあまり報告されていませんが、まれに胃腸障害を起こすことがあるようです。また、血液をサラサラにする作用があるため、血液凝固剤を服用している方や、外科手術や歯科手術を予定している方は服用しない方がよいでしょう。何らかの疾患を持っている方や妊娠中の方は、医師に相談してから使用するようにしましょう。

 

フィッシュオイルは子どもからお年寄りまで使えるサプリメントですが、基礎疾患がある人や、薬を服用している人などは必ず医師と相談してから服用しましょう。 

 

(Photo by: [//www.irasutoya.com/2013/01/blog-post_28.html])

著者: fuji-444さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

サプリメントに関する記事

高血圧対策で薬をサプリメントや健康食品で代用するのはOK?

  高血圧によいとされているサプリメントや健康食品は数多くあるようです。さ...

高血圧にマグネシウムのサプリメントが作用するメカニズム

  マグネシウムは体の中で4番目に多いミネラルです。骨や歯、赤血球などに存在し、...


高血圧に有効なサプリメント「ノニ」!その効果と作用メカニズム

    ノニをご存知ですか?健康志向ブームの影響で、ノニジュースやノニのサプ...

高血圧にビタミンCのサプリメント!その作用のメカニズムまとめ

    降圧剤などの薬に頼る前に、血圧を下げるためにできることは何でしょうか...

カラダノートひろば

サプリメントの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る