カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 予防 >
  5. サプリメント >
  6. CoQ10~高血圧改善サプリメント!その作用のメカニズムは?

生活習慣病

CoQ10~高血圧改善サプリメント!その作用のメカニズムは?

 

 

コエンザイムQ10は美容によいというイメージをもっている方が多いのではないでしょうか。CoQ10は多くの食べ物に含まれるほか、体内でも生成されて体の細胞ひとつひとつに含まれる補酵素で、腎臓や肝臓、心臓などの重要な臓器に特に多く存在し、エネルギー代謝や抗酸化などの役割をしています。CoQ10は20歳を過ぎたころから徐々に生成量が減少し、それが年齢と共に太りやすくなる、疲れやすくなる、老化が起こるなどの原因のひとつとなっています。CoQ10のサプリメントには「酸化型」「還元型」がありますが、吸収率や体内での利用効率がいいのは還元型ですので、そちらを選ぶようにしましょう。

 

 

◆CoQ10は高血圧を改善する?

 

ではもう少しCoQ10の役割を見ていきましょう。CoQ10は細胞レベルでの、特に心臓の筋肉細胞での酸素利用効率を高めます。ですので、心臓系の疾患の方には特におすすめといわれているサプリメントです。また、LDLコレステロールの酸化を阻害し、血管を健康で丈夫に保ち、動脈硬化や高血圧を改善します。高脂血症のお薬(スタチン系)を飲んでいる方では、薬がコレステロールだけでなく、CoQ10の生成も阻害しますので、CoQ10不足になってしまいます。スタチン系の薬を飲んでいる方の副作用として、だるい、関節や筋肉が痛いなどのCoQ10の欠乏症状がでることがよくあるようです。その他にもCoQ10が効果的といわれている疾患は、ぜんそく、アルツハイマー、乳がん、がん、心筋症、慢性疲労症候群、心臓発作、コカイン中毒、歯周病などがあります。

 

◆CoQ10に副作用はある?

 

CoQ10は、実はもともと心臓病の治療薬として使われていました。2001年以降に医薬品と同じ成分が医薬部外品として使えるようになり、サプリメントが市販で出回るようになりました。CoQ10は比較的高容量でも安全性の高いサプリメントと言われていますが、サプリメントは質の悪いものと良いものが混在しており、粗悪品で逆に健康を損ねてしまうということもあり得ます。特に何か疾患を持っている方はどんなサプリメントであれ、使用する前に主治医に相談しましょう。

 

CoQ10は心臓系の疾患によく使用され、効果を上げているだけでなく、美しさを保ったり、若々しくいるためにはとても有効な栄養成分です。さまざまな食物に含まれているため、欠乏することはほとんどありませんが、スタチン系の薬をのでいる人は欠乏症に注意しましょう。

 

(Photo by: [//www.irasutoya.com/2013/08/blog-post_27.html])

著者: fuji-444さん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

サプリメントに関する記事

高血圧にマグネシウムのサプリメントが作用するメカニズム

  マグネシウムは体の中で4番目に多いミネラルです。骨や歯、赤血球などに存在し、...

高血圧対策にサプリメントを選ぶ時は参考に!特定保健用食品「トクホ」について

  高血圧になると、多くの場合長期間にわたって血圧をコントロールしていく必...


高血圧にビタミンCのサプリメント!その作用のメカニズムまとめ

    降圧剤などの薬に頼る前に、血圧を下げるためにできることは何でしょうか...

注意!サプリメントで尿酸値が上がる!?~遺伝子情報をもつ物質「核酸」について

  健康を考えてサプリメントを愛用している人もいるでしょう。尿酸値が高い人...

カラダノートひろば

サプリメントの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る