カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 化粧品成分 >
  5. 人気オイル『スクワラン』などの化粧品成分 安全性や注意点とは? 毒性のある危険な場合も?!

美容・ダイエット

人気オイル『スクワラン』などの化粧品成分 安全性や注意点とは? 毒性のある危険な場合も?!

スクワランってどんな物質?

『スクワラン』と言えば、皮膚上に付けると高い保湿性や吸収性、またオイルであるのにサラッとしているなど、様々な機能により非常に人気のある化粧品成分ですが、その由来や性質の詳細についてはあまり知られていないのではないでしょうか?以下では、スクワランに関しての詳細や、正しい選び方などについて見ていきたいと思います。

 

<性質について>

『スクワラン』とは、主に深海鮫の肝臓やオリーブの果実から抽出されるオイルで、ワセリンなどの同類の炭化水素です。スクワレンというスクワランが水素添加される前の前駆物質がありますが、この状態では紫外線などによって酸化されやすく、細胞膜を傷害させる恐れがあるので、スクワランの形で化粧品には配合されています。スクワランは極性(電気的な偏り)を持たないので電気的な反応が起こらず、不飽和結合も持っていないので酸化されにくく、揮発性もほとんどないという、保護剤としては非常に扱いやすい優れた成分です。

(※スクワレン・・・皮脂腺で作られ、皮表脂質の12%を占める脂質。不飽和結合を6個も持っているため、非常に酸化されやすい。)

 

<体内にも『スクワラン』は存在する?>

体内でもスクワレン・スクワランは存在しており、特に皮脂には平均3~4%存在していると言われています。皮膚細胞にてスクワレンの状態で分泌され、汗などの成分によって水素添加され、スクワランへと変化します。また皮膚の表面に塗った際には、0.5秒で1mmの範囲で肌に浸透し、1分間足らずで毛細血管にまで到達すると言われています。

 

スクワランは『純度』によって、その安全性が変わる

スクワランは、米国食品医薬品局(FDA)や日本の厚生労働省などで安全性が認可されている物質です。しかし、その純度によっては皮膚上で変性する可能性もあり、チェックするべき項目がいくつかあります。まず、スクワランには、2種類が存在しています。

 

◆深海鮫の肝油

過去50年以上世界各国で使用されたという歴史があり、現在でも大半が肝油由来のものとなっている。最近では、純度99.0%以上の高品質のものも多く販売されている。

 

◆植物性スクワラン(オリーブなど)

近年利用され始めたもので、価格的には鮫肝油由来のスクワランと同程度。植物性ということで人気があるが、鮫肝油由来のものより純度は下がるという論文もある。

 

<鮫肝油スクワランと植物性スクワランの純度比較>

◇鮫肝油由来スクワラン

スクワラン純度・・・99.0%以上

◇植物性スクワラン

スクワラン純度・・・92%以上

(※高純度のものが安全!・・・純度の高いスクワランは、変質しにくく長時間肌につけても安心と言われています。純度の低いものは酸化、変質する可能性が高く、紫外線照射で皮膚上でトラブルを起こす可能性があるので注意が必要です)

 

<安全性の評価には3項目が重要>

スクワランの安全性を示す値には、純度のほか、酸価、ヨウ素価が重要であるとされています。製造メーカーは、スクワランの出荷ごとに、上記の値が記載された『スペック(試験報告書)』を出すことになっているとのことですので、表示されていない場合は問い合わせてみることが必要になります。

1)純度

純度の高いスクワランは、無色透明で臭いが無く、凝固点が高い(-50℃)

(例:鮫肝油由来のスクワランの場合、純度の最高値は、99.9%)

 

2)酸価

油脂の酸腐敗度、分解度を示す値(酸価値は低いほど安定)。基準値は0.5以下

 

3)ヨウ素価

油脂中の不飽和脂肪酸量を示す値(ヨウ素価も低いほど安定)。基準値は3.5以下

(参考ホームページ:スクワランの情報サイト、グローバル商事株式会社/スクワランとは?)

 

最後に

スクワランを購入する際に注意したいのが、海外製品であると言われています。日本ではあまり見られないようですが、海外のスクワランは高級品である多段階の合成過程を経たスクワランと称した低価格品もいくつか存在しているようです。これらの商品は天然スクワランとは化学構造的に全く異なる場合もあり、また変性しやすいので、注意が必要とのことです。

 

キャリーオーバーに隠された抽出溶媒毒性とは?(BGについて)

肌が敏感な方にとっては、『無添加化粧品』であることは非常に重要な選定のポイントになります。しかし、無添加成分であることを突き詰めていくと、必ず突き当たるのが『キャリーオーバー』の問題です。

 

キャリーオーバーの成分は表示義務なし

キャリーオーバーとは、『持ち越された成分』という意味で、全成分表記に記す義務はないが、原材料の栽培過程(農薬等)から製造の工程(抽出等)において『残留』している場合があるものを指します。

例としては、石鹸の成分表示で良く見られるのが、原料調整段階の植物油脂に酸化防止剤等を事前に入れておくことで、完成品の成分表記を『石鹸素地』のみで表示できるというものです(薬事法によって認可されている)。無添加化粧品を使用しているはずなのに、なぜか肌トラブルが出るといった場合、以下の段階で化学物質が入っていたとも考えられます。

 

1)化粧品成分が完成した後に化学添加剤を添加するのではなく、事前の原料調整段階で、酸化防止剤などが入れられていた。

 

2)原料抽出段階で用いられる『アルコール、BG(ブチレングリコール)、有機溶剤』などの抽出溶媒が残留していた。

 

基本的には、キャリーオーバー成分は表示されないものですが、メーカーの中には、キャリーオーバー成分を含めたものを全て公開しているところや、残留成分の出るものは使わないと言った理念を持って商品作りをされているところもあります。

 

以下では、上記の抽出溶媒の中でも、BG(ブチレングリコール)についての詳細と、キャリーオーバーへの対処法を見て行きたいと思います。

 

BG(ブチレングリコール)とはどのようなものか?

成分表示に『〇〇エキス』という記載があった時は、アルコール、BG(ブチレングリコール)、有機溶剤などの溶媒によって抽出されたものが殆どであると言われています。中でも、BGが選択される場合は、最も一般的に広く使用されている『エタノール』の抽出溶媒に刺激性があると判断された場合、その代用として用いられることが多いようです。BGは保湿剤としても用いられていることから、比較的低刺激性であることが分かります。

 

<BGの性質>

無色・無臭の、多価アルコールで保湿剤や抽出溶媒として用いられる。穏やかな殺菌効果が見られ、グリセリンやエタノールなどのアルコールよりも肌に優しい。様々な原料を混ぜ合わせる力を持っているため、市販の化粧品に多用されている。抽出溶媒としての使用方法は、ハーブや生薬などを10~15%入れて1ヶ月程度放置しておくと言うもの。植物エキスが抽出出来る。

 

<BGは石油由来成分?>

BGは比較的刺激が少ないといわれますが、石油由来なので毒性があるのではないか?と言われることも多いようです。

BGには2種類の製法があり、1)石油由来と2)サトウキビなど植物由来のものがあります。石油由来は、アセトアルデヒドのアルドール縮合物に水素を添加(還元)して作られています。

この2種類の成分表示が同一で義務付けられていないことが問題であると指摘する声もあります。

 

<BGの健康被害について>

BGによる健康被害とはどのような例があるのでしょうか?

 

1)MSDS(化学物質安全性データシート)の取り扱い情報によると、『健康に対する有害性皮膚腐食性/刺激性:区分3、眼に対する重篤な損傷/刺激性:区分2B』とされ、漏出時の措置としては、『人体に対する注意事項適切な保護具を着用し、眼、皮膚への接触や吸入を避ける』とされています。呼吸器・生殖器・発がん性などへの影響は見られないとされています。エタノールではこれらの項目は全て危険性があるとされています。

 

2)医学雑誌収載論文(2000年~2001年)においては、名古屋大学環境皮膚科の患者758人のうち、化粧品原料にBGが含まれたものを使用したことによるアレルギー反応陽性率は、1.19%で9人(うち4人がアトピー性皮膚炎。5人は非アトピー性皮膚炎)。この陽性率は、化粧品原料としては高率でありるようです。BGを含まない化粧品に変えたところ、病状の再発がなくなったという報告がある。

 

3)書籍『安全な化粧品選び・危ない化粧品選び/西岡一著』における記述では、『抽出溶媒として、水、熱湯、アルコールなどが使用されている天然成分からは活性酸素は出ないが、フェノキシエタノールやBGなど石油由来成分が使われた場合には、活性酸素が発生する』と述べられた部分があります。

(※太陽油脂株式会社が大学と人体の異物排出機能について研究した結果、石油成分は排出能が未発達であるという報告がある。)

 

⇒上記から、BGの性質としては、エタノールと比べると人体への影響は少ないと思われますが、ある程度の皮膚や目への刺激性はあり、出来る限り植物由来であることが望ましいと言われています。

 

キャリアオーバーの毒性を避けるためには、どうすれば良いか?

キャリアオーバーによる抽出溶媒の毒性を避けるためには、消費者側から積極的にメーカーに問い合わせてみる、というのが公開されていない場合に知りえる唯一の手段であります。ある例として、上記のように合成物質からの活性酸素の発生が気になったので避けたいと考えられた方が、メーカーに『使用されているBGは鉱物由来か、植物由来であるか』を聞き、その結果鉱物由来であったため、商品購入を見直された例がありました。

 

その方は代用として植物由来のBGが使用されたものや、その他BGよりも刺激性が低いとされる『1.3-プロパンジオール(無色グリコール)』抽出溶媒が使用されたものを探されたとのことです。1,3-プロパンジオールは植物デンプン(とうもろこし)を発酵させ得られたアルコールで、ヨーロッパのオーガニック認証である『ECOCERT』を取得した安全性の高い植物由来原料と言われているようです。

 

最後に

上記でも述べましたが、現時点では、キャリーオーバーによる毒性を避けるためには、消費者側から働きかけなければならない場合がほとんどです。無添加表示となっていても、キャリーオーバーの成分が気になった場合は、メーカーに直接問い合わせてみることが必要です。積極的な働きかけで、成分毒性からお肌を守っていきましょう!

 

パラベンは意外と安全?『自然派化粧品』の防腐剤には注意が必要

パラベンよりも他の防腐剤の安全性に懸念…

市販されているほとんどの化粧品には『防腐剤』が入れられています。法律においては、化粧品は『使用期限の表示の無いものは、3年間雑菌が繁殖しない措置を行わなければならない』とされています。

パラベンを始め、様々な防腐剤が使用されています。現在では、化粧品は平成13年に行われた表示方法の改正により全成分表示が行われていますが、これによって消費者は各個人が成分を確認し、商品選択を行えるようになりました。しかし、成分が開示されたことにより新たな問題も出てきています。

 

例えば、防腐剤については、

 

1)パラベンは、2001年まで『指定成分』であったために、皮膚を害するイメージが付いているが定められたのは30年前の時点であり、現在は品質や配合量の改良が行われている。

2)『オーガニック化粧品』という分類の定義が曖昧なために、防腐剤にも『天然由来であるが皮膚毒性のある物質』などが使われている場合がある。

 

など、過去のイメージによって安全性の高い成分が毒性が高いとされている例や、安全性が確認されていない成分を保護する状況になってしまっている例もあります。

 

防腐剤の種類にはどんなものがある?

防腐剤の代表的なものとしては、以下の3点があります。

 

1)パラオキシ安息香酸エステル(パラベン)

化粧品にもっともよく使われる防腐剤のひとつで、抗菌性が強く、広範囲の微生物に効果がある。毒性が比較的低く、皮膚刺激や過敏症なども少ないとされている。旧表示指定成分。

 

2)フェノキシエタノール

緑茶など自然界に天然物として存在する成分で、比較的新しい成分であり(旧)指定成分には登録されていないが、使用できる量には制限がある。パラベンより毒性は低いが、防腐効果は劣るという欠点があるため同じ防腐効果を得ようとするとパラベンより使用量が多くなる。パラベン同様、他の抗菌作用がある成分と同時配合して使用量が減らされる。

 

3)ヒノキチオール

青森ヒバ(ヒノキ科)に存在する天然の成分で、(旧)指定成分には指定されておらず、パラベンと比較すると毒性は低いとされている。しかし、動物での催奇性が報告されており、配合量にも制限がある。自然派化粧品メーカーの商品に、良く配合される傾向にある。

 

『パラベン』の安全性とは?

パラベン(メチル)は水溶性物質であり、合成界面活性剤のようにバリア層を壊して皮膚内部に入ることがないので安全であるといわれています。 また、日本の厚生省や米国のFDA(食品医薬局)、ECの食品医薬局においても使用が認められており、特に米国では最も安全な『GRAS物質』に指定されるなど、国からの信頼性があります。これらの認可には、長期間にわたる生体内テスト(急性毒性試験、亜急性毒性試験、慢性毒性試験、がん原性試験、生殖発生毒性試験、吸収分布代謝排泄試験、皮膚刺激性試験、皮膚光感作性試験)が必要であるため、信頼性は高いものと思われます。

 

<パラベンの特徴>

◆非常に広範囲の微生物に抗菌力をもっている。

◆少量で有効、かつ持続性がある。

◆効果はPH(ペーハー)に影響されない。

◆各エステル間に相乗作用を有する。

◆毒性はきわめて少ない。

◆価格が比較的安価で経済的。

 

<安全性確認試験の結果について>

安全性の確認試験には以下の3つの報告があります。

1)4種類のパラベン(メチル・エチル・プロピル・ブチル)

 ラットに投与(0.9~1.2g/kg/日)

結果:約1年半にわたって中毒現象が見られなかった。

 

2)4種類のパラベン(メチル・エチル・プロピル・ブチル)

 犬に投与(1.0g/kg/日)

結果:約1年間にわたっても中毒現象が見られなかった。

 

1)2)のいずれも、血液と臓器に病理的な変化が見られなかった。

 

3)人の皮膚にパラベンを塗布した場合、5%以下の濃度では4種類とも刺激を生じなかった。

 

<安全性を裏付ける報告とは?>

さらに、安全性を裏付ける根拠として、次の2つの報告があります。

1)2004年にイギリスの『Journal of Applied Toxicology』誌にて発表されたPhilippa Darbre氏の論文(20例の乳がんの患者の内、18例に多量のパラベンが検出されたというもの)に対し、

⇒米国食品医薬品局(FDA)は『この研究はパラベンが乳がんの原因となるとは証明していない』と報告している。

⇒また、ECの消費者製品科学委員会(SCCP)も、『化粧品の使用による乳がんとの関連リスクはない』と回答している。

 

2)2005年8月25日付の朝日新聞に掲載の記事『化粧して外出するとシワやシミが増える?』(京都府立医科大の吉川敏一教授の研究で『メチルパラベンに紫外線があたると皮膚細胞の老化を進める』というもの。)に対し、

⇒行われた実験が試験管中の培養細胞を対象にしたもので、人体の皮膚とは耐性が異なること。

⇒製薬会社が後日研究員に電話確認したところ、『そのようなことは言っていないと思う。特にシミの場合、関連性はない」との回答があった。

 

⇒その後、メチルパラベンの製造元である上野製薬やDHCから反論があり、『この研究自体が京都府立医科大に研究出資しているファンケルに都合の良い結果を出している』と主張している。

 

上記のように、毒性に関しては意外にも安全であるということが分かります。パラベンで皮膚障害を起こす方は1,000人中2~3人だという報告もあり、また化粧品製造に携わる方の間では、防腐剤の中で少量で微生物に対して効果が期待できるのは、パラベンであるといわれる場合も多いようです。

 

最後に

上記のように、パラベンの安全性などについて見てきましたが、基本的には安全といってもやはり化学合成された防腐剤ですので、皮膚疾患のある方などは刺激が起こる場合も考えられます。

 

実際に化粧品を選ぶ上で最も大切なのは、購入前にサンプルを貰って『パッチテスト』行ったり、実際に継続使用してみて肌に変化が起こるかを観察することであると言われています。成分表示から見極めることも重要ですが、毎日の肌状態をじっくり観察しながら考えてみることも大事であるということです。

 

柑橘類の精油を付けて外出は危険な場合も?!『光毒性』とは?

肌につける柑橘系の香り成分には注意が必要?

『精油』と言うと、良い香りが人に幸福感を与えたり、副交感神経を刺激してリラックスや疲労回復に効果をもたらしたりと、様々なメリットがあります。精油の使われ方としては、アロマを焚いて部屋に香りを飛ばす以外にも、アロママッサージに見られるように幾分か希釈して直接肌に塗る方法もあります。香りの物質は、基本的に脂溶性であり、肌に浸透しやすく、また一方で構造的にとても不安定な物質で、熱や光に弱く、変化しやすいという性質も持っています。現在、アロマ関連商品に取り扱いのある店の多くは、この性質がもたらす、体内吸収時や紫外線照射時に発生する『光感作』『光毒性』が問題であるとして注意喚起が行われています。以下では、特に光毒性についての詳細と、その対処法についてご紹介していきたいと思います。

 

『光毒性』とは?

『光毒性』とは、ある特定の種類の精油(柑橘類に多い)を濃度の高い状態で皮膚上に付けた際に、紫外線が照射されて強い日焼け(火傷)、シミ、その他損傷が起こるというものです。基本的な対処法としては、光毒性が強い精油には、日焼けを発生させる原因物質である『フロクマリン』を除いた『F.C.F(フロクマリン・フリー)』表記のある精油が出ていますので、また日光になるべく塗布部位を晒さないことが重要になります。

 

<光毒性を発生させる物質とは?>

光毒性を持つものの代表として最も知られているのがレモン、グレープフルーツ、ビターオレンジ、ライムなどの『柑橘系』です。また、ベルガモットやアンジェリカ・ルートも非常に強い光毒性を持つとして気をつけたい精油に加えられています。

しかし、これらの精油が必ずしも光毒性を現すというわけではなく、使用される『抽出方法』や『濃度』が非常に関係しています。

 

 

例で言うと・・・

<光毒性が現れやすい抽出方法>

◆圧搾法で抽出したもの(水蒸気蒸留法で抽出したものなどは現れにくい)

ライムは抽出法によって、性質が大きく変わります。圧搾法では光毒性が現れやすいと言われています。

 

<光毒性を発揮する精油濃度 >

◆レモン・・・2.0%

◆グレープフルーツ・・・4.0%

◆ベルガモット・・・0.4%

◆アンジェリカ・ルート・・・0.78%

化粧品や香水など市販の製品への精油配合率に関しては、国際香料研究協会という団体が定めたガイドラインにより人体に安全とされる濃度が守られており、またフロクマリンフリーのものが使用されていると言われていますので、問題は無いかと思います。個人で精油を扱って化粧品などを作る際には、十分な注意が必要です。

 

<柑橘系の中でも光毒性のない、安全な精油>

柑橘系全般が光毒性の対象ではなく、例外も多数あるようです。下記のものは光毒性が報告されていません。

 

<光毒性を現さない柑橘系精油例>

◇オレンジ・スイート

◇マンダリン

◇レモングラス

◇シトロネラ

◇リツェアクベバ(メイチャン)

◇メリッサ

(※レモングラス&シトロネラ=イネ科、リツェアクベバ=クスノキ科、メリッサ=シソ科の植物であるので安全。)

 

光毒性による被害の症例とは?

過去1970年代頃には、光毒性への認識が無かったため、高濃度のベルガモット油を配合した化粧品が売られ、肌にシミが出来るという事例が多数発生したようです。具体的な事例としてはサンベッドに入ったままベルガモットオイルを塗って紫外線を浴びたとされる女性が、腕と脚に重篤なやけどを負い、一週間の入院を強いられた、というものがあります。

 

⇒現在、販売されている化粧品に配合されるベルガモットは安全基準濃度を充たしている(ベルガモットFCF:フロクマリンフリー)と考えられるため、心配の必要はないとされています。

 

最後に

上記のように、現在販売されている化粧品や香水に関しては、フロクマリンフリーのものが主流であるようですが、一般の精油に関しては含まれているものも多く存在します。これを知らず自分で香水などを作って肌に使用してしまうと危険ですので、個人で調合する際には十分に気をつけることが必要です。

 

(photoby:http://pixabay.com/ja/%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B9-%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B9-%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF-%E6%B2%B9-%E6%B6%B2%E4%BD%93-%E7%82%B9%E6%BB%B4-%E6%B0%B4-101666/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

化粧品成分に関する記事

化粧品の製造年月日の記載は義務ではない?成分表示は知らないと損? 成分の組合せの工夫でメイク効果倍増も

女性なら誰しも、化粧品のひとつやふたつもっていますよね。男性でも最近は化粧水...

カラダノートひろば

化粧品成分の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る