カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 健康食品・飲料 >
  4. 成分別 >
  5. 知ってる?『ラクトフェリン』の知られざる風邪予防パワー!

健康診断・健康管理

知ってる?『ラクトフェリン』の知られざる風邪予防パワー!

 

母乳にも含まれる『ラクトフェリン』とは?

 

『ラクトフェリン』と言えば、鉄と結合能があることで、細菌やウイルスの増殖を抑える効果があるとして、ノロウイルスやC型肝炎などの予防法として非常に注目されている健康食品です。

母乳の中でも、出産後2~3日の間にしか分泌されない初乳にはラクトフェリンが多く含まれており、免疫系が未熟な新生児を外敵から防御する物質としても良く知られています。臨床試験の報告においては、上記の疾患に関するものが多数ですが、現在、風邪などのウイルスにも効果があるとして様々な企業で研究が行われているようです。以下では、ラクトフェリンの風邪に対する臨床試験の内容と、効果についてご紹介したいと思います。

 

ラクトフェリンの制菌メカニズム

 

ラクトフェリンの鉄イオンに対する親和性は、血漿中の鉄輸送タンパク質であるトランスフェリンよりも100倍以上高いと言われており、増殖に鉄を必要とする細菌・ウイルスから鉄を奪い去ることで生育を抑える効果があるとされています


(※乳酸菌やビフィズス菌などの腸内細菌に関しては、鉄要求性が低いため、ラクトフェリンによっては反対に増殖を促進する効果があると言われています。)

 

細菌やウイルスに対する増殖抑制効果以外のものとして、以下の作用が報告されています。

 

◆運動時に摂取することで、【赤血球数減少の抑制と血中乳酸量増加の抑制】
◆幼児に対し【下痢の日数、症状の持続期間、脱水、液便の日数の低下】
◆血液脳関門を突破して【アルツハイマー病の原因であるアミロイドβに作用】

など

 

ラクトフェリンの風邪予防効果に関する調査項目

 

以下は、ラクトフェリン含有製品を製造されているメーカーの調査報告ですが、風邪症状の原因となるウイルス『RSウイルス・アデノウイルス』にも抑制効果があったとのことが見られたので、ご紹介していきたいと思います。

 

<ラクトフェリン摂取による風邪予防の実験>

◆市販のラクトフェリン含有食品を対象とした風邪予防の臨床検査
◇対象者:健常成人女性398名(摂取群:199名/非摂取群:199名
◇調査期間3ヶ月間
◇対象食品市販のラクトフェリン含有食品(錠菓タイプ:ラクトフェリン600mg、ビフィズス菌BB536 30億個、ミルクオリゴ糖600mg含有)
◇対象者傾向1)過去の風邪罹患頻度が3年間で1回以上、2)日常のラクトフェリン摂取頻度が週1回以下3)日常の胃腸薬摂取頻度が週1回以下


⇒つまり平均程度の風邪を引きやすさの傾向が見られ、ラクトフェリン・胃腸薬の摂取習慣が無い方対象。

 

<ラクトフェリンの効果として既に報告されている内容>
◇NK細胞活性が上昇する
◇NK細胞は風邪の原因となるウィルス感染細胞を殺傷する。
◇風邪罹患頻度とNK細胞活性値は反比例する。
◇BB536を1000個/日摂取することで、NK細胞活性を上昇、インフルエンザの発症抑制できる。

 

◆この実験の結果としては・・・
⇒風邪症状と胃腸炎症状の発症人数は、ラクトフェリン摂取3ヶ月目において摂取群が有意に少なかったことが分かった。
⇒ラクトフェリン含有製品の継続摂取風邪症状や胃腸炎症状の発症を抑制する可能性が高いことが示唆された。

 

実験の詳細について

 

上記の実験では、以下6項目(1.風邪症状の発症者数、2.持続日数、3.風邪薬服用日数、4.胃腸炎発症者数、5.胃腸炎持続日数、6.疲労感持続日数)に着目し摂取群と非摂取群の比較が行われました

 

1)風邪症状の発症者数(摂取3ヶ月目で摂取群28%、非摂取群37%の発症率

2)風邪症状の有症状日数(摂取3ヶ月目で摂取群と非摂取群2倍の差で風邪症状が長引いた)

3)風邪薬服用日数(3ヶ月目で摂取群と非摂取群2倍の差で服用が長引いた

4)胃腸炎症状発症者数(3ヶ月目から摂取群30%、非摂取50%の発症率)

5)胃腸炎症状の有症状日数(3ヶ月目から摂取群と非摂群2:3の割合で胃腸症状長引いた

6)体のだるさ、疲労感有症状日数(3ヶ月目で摂取群と非摂取約2倍の差で疲労感が長引いた)

 

<効果に関する考察>

◆ラクトフェリンが各種風邪ウィルスと結合することで、感染を阻害したと思われる。
◆噛み砕く製菓タイプのラクトフェリンが、口腔内で溶解し直接作用した

 

最後に

 

上記の調査では、風邪症状の持続日数などから(平均2日程度)全体的に風邪症状が軽度である印象がありましたが、効果が出た3ヶ月目からはすべての項目において摂取グループが良い成績が出ていることから、その有用性が期待できるのではないかと思います。ただ、調査前に被検者に対して内容が通知されていることから、プラセボ効果の可能性がある場合も考えられ、確定するにはまだ多くの調査報告が必要であるようです。しかし、それでもウイルスへある程度の有益な効果はあると予測されますので、風邪の予防対策としては、一考の価値ありではないでしょうか?!

 

(photoby://pixabay.com/ja/%E8%B5%A4%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93-%E8%83%B8-%E6%AF%8D%E4%B9%B3%E3%81%A7%E8%82%B2%E3%81%A6%E3%82%8B-%E3%82%B1%E3%82%A2-%E5%AD%90-%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF-%E9%A3%9F%E3%81%B9%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8-21167/)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

成分別に関する記事

痩せるサプリメントは本当でしょうか? 「ギムネマ・シルベスタ」の効能

  昨今では実に様々なサプリメントが市販されていますが、中にはダイエットに効果...

アスタキサンチンの高い抗酸化能、マウスでは「ステロイド剤の1/10の抗炎症効果」を確認?!

抗酸化物質であるアスタキサンチンは、サケやエビ、カニなどに多く含まれる赤い色...


多発性硬化症など神経炎への効果が報告、『コエンザイムQ10』

『コエンザイムQ10』は神経変性疾患に効果がある   コエンザイムQ10とは...

解毒成分グルタチオンの体内合成には、生薬『マリアアザミ』を!

高い抗酸化・解毒作用を発揮する『グルタチオン』   『マリアアザミ』とい...

カラダノートひろば

成分別の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る