カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 治療 >
  5. 高血圧の症状に自然の薬アロマとハーブで対策!

生活習慣病

高血圧の症状に自然の薬アロマとハーブで対策!

 

 アロマオイルやハーブを使った高血圧対策とは、どのようなことなのでしょうか。詳しく見ていきたいと思います。

 

 

◆アロマオイルでの高血圧対策

 

高血圧に効果的なアロマオイルの代表は、イランイラン、マジョラム、ラベンダーです。イランイランにはその成分にセスキテルペン類が多く含まれており、血圧を低下させる作用があります。他にもイランイランは緊張や不安を和らげ、神経を穏やかにしてくれます。ラベンダーは刺激が少なく、あらゆる年齢の人に使用でき、効能も広範囲にわたります。特に、不安や落ち込みを改善してくれ、精神と肉体両方のバランスをとってくれ、血圧を安定させてくれます。マジョラムも同様に、鎮静作用、バランスをとる作用があります。神経疲労や慢性的な疲れなどにも、そのリラックス作用と気分を高揚させてくれる作用が効果を発揮します。

 

◆ハーブでの高血圧対策

 

ハーブはどれも抗酸化作用や血管のつまりを防止する作用があるので、高血圧などの心血管系疾患には適している思われます。特に高血圧に効果を発揮するハーブティーはホーソンとよばれるハーブでしょう。ホーソンは高血圧だけでなく、動悸や息切れなどの心臓系の症状に伝統的に使用されてきました。ホーソンはその後の科学的な研究で、心臓のポンプの働きを強化し、血管を健康に保つ効果があることがわかってきました。安全性も高く、長期利用に向いているため、心血管系の植物療法ではよく使用されます。また、利尿作用と鎮静作用のあるリンデンやリラックス作用のあるジャーマンカモミールなどとブレンドしてもよいでしょう。

 

◆植物療法を始める前に

 

アロマオイルやハーブなどの植物療法は薬ではないので、劇的な変化や即効性を感じにくいと思います。植物療法を始める前に必要なことは、生活習慣を改善することです。自分ができる範囲でよいので、生活習慣を改善しながら植物療法を取り入れることで、より効果が得られやすくなるでしょう。植物療法はあくまで補助なので、基礎となる身体作り(食事、運動、睡眠、場合によってはサプリメンテーション)が最も大切になります。また、併用している薬がある場合や妊婦さんなどの場合は使用できないものもありますので、主治医と相談してから使用を開始してください。

 

植物療法は安全性が高く、副作用もないことから、薬を使用している人でも併用することで相乗的な効果が得られます。また、リラックス効果が高いことから精神的なストレスなどか引き金で自律神経が乱れ、高血圧になっている人には特に効果的でしょう。

 

(Photo by: [//www.irasutoya.com/2013/06/blog-post_2376.html])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

高血圧治療に「温泉」はどうして効く?効果のある温泉と入り方を知ろう

  高齢になれば血管の機能低下をしていくのは仕方ありません。そのため高齢になる...

病院でだけ高血圧!?治療するべき?放っておいてもいい?白衣高血圧の疑問を解明!

病院は嫌い!という子ども、あるいは大人がいます。そこまででなくても、病院に普段...


高血圧緊急症での血圧を下げる方法とは?

  ◆高血圧緊急症とは まずはじめに高血圧緊急症とは、血圧の急激な上昇に...

日本での導入が切望される、高血圧の新しい治療法 腎デナベーション治療…高血圧を手術で治す!

  高血圧にも程度があり、ちょっと生活習慣に気をつける程度の高血圧から、服薬治...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る