カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 子宮 >
  5. 子宮頸がん >
  6. 女性には是非知ってほしい 子宮頸がんは予防できます!その方法

女性のカラダの悩み

女性には是非知ってほしい 子宮頸がんは予防できます!その方法

 

 

 

2013年から定期接種となった子宮頸がんワクチン。その予防接種後の副作用や後遺症などがニュースで多く取りだたされ、ワクチンに対する安全性に疑問の声が上がっています。ではそもそも子宮頸がんとはどのような病気なのでしょうか。

 

 

◆子宮頸がんとは

 

子宮と膣を繋ぐ部分を子宮頚部といい、その部分にできるがんのことを子宮頸がんと呼びます。子宮頸がんはがんになる細胞の種類によって大きく2つに分けることができ、子宮頚部の表面を覆う扁平上皮細胞からできるがんを扁平上皮がん、粘液を分泌する腺細胞からできるがんを腺がんといいます。

 

◆子宮頸がんの発症原因は?

 

子宮頸がんは遺伝などは関係がなく、性交経験のある女性ならば誰でも発症する可能性がある性行為感染症です。ヒトパピローマウイルス(HPV)またヒト乳頭腫ウイルスとよばれるウイルスに長期感染することが原因で発症します。特に若い女性に多いがんで、20代~30代で発症するがんの中で1番多いのが子宮頸がんだといわれています。日本では毎年約1万5千人が子宮頸がんと診断されています。

 

◆子宮頸がんを予防するには?

 

HPVは人間の皮膚や粘膜に存在するウイルスです。性行為感染症の予防方法で推奨されているコンドームの装着でも完全に防ぎきることはできないといわれています。ですが、子宮頸がんは、がん化する前の異形成の細胞が発見しやすいことから、定期健診などをしっかり受けていれば予防可能ながんだと言われています。また、子宮頚部がHPVウイルスに対してまだ脆弱な思春期の若者が性交渉を経験することで、子宮頸がんのリスクは高まるといわれています。

 

性交経験のある女性ならば等しく子宮頸がんを発症するリスクがあります。最近では性交経験の年齢が低下してきており、子宮頸がんのリスクはさらに高くなっていると言えるでしょう。まだまだワクチンの安全性に疑問を持つ人が多いことから、若い女性にしっかりとした性教育をおこなうことは、子宮頸がん予防のために非常に大切であると言えそうです。

 

(Photo by: [//www.irasutoya.com/2013/05/blog-post_8174.html])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

子宮頸がんに関する記事

子宮頚がん予防のワクチン投与で、ベーチェット病発症リスクが3倍に?

2013年の英医学誌British Medical Journal誌に掲載され...

子宮摘出などにならない為に!子宮頸がんと予防ワクチンについて

20代から30代の若い患者が多いことで知られているのが子宮頸がんです。子宮頸がん...


性交渉などで感染!発病率が高い「子宮頸がん」について

       「がん」だけど「性感染症」   女性特有の「がん」であり...

子宮頸がんワクチンの副作用「脳の障害」…関係していたのは、特定の遺伝子型だった?

病気を予防する方法があるのなら、できるだけ手を尽くしたいと思う人は多いでしょう。...

カラダノートひろば

子宮頸がんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る