カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 子宮 >
  5. 子宮内膜症 >
  6. 子宮内膜症が原因で起こるチョコレート嚢胞とは?

女性のカラダの悩み

子宮内膜症が原因で起こるチョコレート嚢胞とは?

 

あまりにも生理痛が酷い、チョコレート色のドロっとした経血が出る…それは子宮内膜に似た組織が卵巣の中に出来てしまう病気「チョコレート嚢胞」かも。溜まっていく月経血が癒着を引き起こしたり、卵巣をどんどん膨らませていき、5cmを超えると破裂の可能性も出てくるといわれている恐ろしい病気です。

 

チョコレート嚢胞とは?

子宮内膜は、子宮や卵巣周辺の腹膜を中心にさまざまな場所にできますが、卵巣にできると卵巣の中に嚢胞ができます。

これをチョコレート嚢胞と呼びます。

 

卵巣内にできた内膜症も生理周期に合わせて剥がれ落ちて出血しますが、それが徐々に卵巣内に溜まり、チョコレート色のドロっとした液体になります。

チョコレート嚢胞も他の部位にできた子宮内膜と同様、閉経後には出血しなくなり、徐々に小さくなっていきます。

 

なぜチョコレート嚢胞ができるの?

子宮内膜症の原因はいくつかの説がありますが、一番有力なのは、月経で剥がれた子宮内膜組織の一部が再び卵管を通って腹腔内に流れ込み、卵巣や腹膜に移植されるという「移植説」です。

 

ですが、この説もすべての子宮内膜症を説明できるものではありません。

子宮内膜症は月経の起こる回数が多いと症状も悪化しやすく、初経年齢が早くなっている近年ではそのリスクは高くなっているといわれています。

 

また、妊娠したことがない女性は出産経験のある女性よりも必然的に月経回数が多いため、このこともまた子宮内膜症発症リスクを高めるといわれています。 

 

チョコレート嚢胞の症状

子宮内膜症の代表的な症状は、ひどい月経痛です。

 

チョコレート嚢胞の場合は、下腹部や腰が痛むようです。

チョコレート嚢胞を発症している場合、多くは腹膜などの他の部位にも病変が存在していると考えられるため、他の部位も同時に痛むことが多いでしょう。

 

また、子宮内膜症の月経痛は徐々に強くなっていく傾向があるため、月経痛がひどい人、以前よりも徐々に強くなってきたという人は子宮内膜症の疑いがあるかもしれません。

 

チョコレート嚢胞はもろいため、嚢胞が破裂して中身が腹腔内に流れ出てしまうこともあります。

その場合は、かなり激しい痛みに襲われるため注意が必要です。

 

チョコレート嚢胞はじめ子宮内膜症をもつ女性には、不妊症の女性がとても多いことが知られています。

また、チョコレート嚢胞はがん化することもあるため、しっかりと医療機関で診察と治療をおこないましょう。

 

(Photo by: [//medical.i-illust.com/image_1817.htm])

著者: fuji-444さん

本記事は、2016-10-24掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

子宮内膜症に関する記事

生理痛が激しい?子宮内膜症ってこんな病気

    子宮内膜症は、20~40代の女性に急増している病気です。我慢したり放...

30代で生理が酷くなったら要注意!それは病気の危険信号かも

      30歳を過ぎてから生理がどんどん酷くなっているという人は特に注意し...


自然気胸は子宮内膜症が原因!?

  自然気胸は、特に胸部に特に強い衝撃がない場合でも、肺に穴が開いてしまい...

不妊症だと思い受診したら子宮内膜症だった?!知っておきたい女性特有の病気

子宮内膜症は不妊の原因のひとつだと言われています。 不妊症かもしれないと思って...

カラダノートひろば

子宮内膜症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る