カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 子宮 >
  5. 子宮内膜症 >
  6. 女性のからだに起こる子宮内膜症~その治療方法まとめ

女性のカラダの悩み

女性のからだに起こる子宮内膜症~その治療方法まとめ

 

 

 

子宮内膜症とは、本来は子宮の内面にのみ存在する子宮内膜が子宮の外の卵巣や腹膜、子宮筋層などにもできてしまう病気で、病変部は生理周期とともに成長し、剥がれ落ちて出血するということを毎月繰り返します。

 

 

◆子宮内膜症の治療方法

 

子宮内膜症は閉経まで治癒することはないといわれています。そのため、子宮内膜症の治療の目的は主に、月経痛などの痛みを無くすことと病変部の縮小や消失、場合によっては手術で取り除き、再燃や再発を防ぐといったことになるでしょう。

 

◆子宮内膜症の薬物療法

 

子宮内膜症にともなう月経痛を緩和するためにまず行われるのは、鎮痛剤などでの対症療法です。鎮痛剤は痛みがピークにきたときに服用しても効果がないため、服用のタイミングには気を付けなければいけません。また、薬をできるだけ使用したくない人などには、痛みそのものではなく痛みの原因に対して作用する漢方薬が処方されます。しかし漢方薬はからだに合うと効果を発揮しますが、通常は効果を感じるまでに時間がかかります。

次に、子宮内膜の細胞を縮小、消失させるために、ホルモン療法という選択肢があります。子宮内膜症は女性ホルモンであるエストロゲンの分泌に影響されて悪化するため、ホルモンを操作することにより、病状をコントロールしようというものです。ホルモン剤を調節して偽妊娠状態を作ったり、閉経の状態を作ったり、エストロゲンの産生を抑えるホルモン剤が使用されます。ホルモン治療には副作用もあり、他の疾患と併発している場合は使用できないこともあるため医師との相談で決めましょう。

 

◆子宮内膜症の手術療法

 

薬物治療が効かない場合や不妊症をともなう場合は、手術によって病変部の切除がおこなわれます。妊娠を希望しない場合などは、開腹施術や腹腔鏡手術で卵巣や子宮などの病変部をすべて取り除きます(根治手術)。妊娠を希望する場合などは病巣のみを摘出する手術(保存手術)がおこなわれます。ですが、薬物治療で再発予防をしない限りほとんどの場合は再発します。日本では確定診断がおこなわれる前に、強い薬物治療をすることがほとんどですが、欧米では薬物治療より保存手術をおこなうことが第一選択になっているようです。それが最も再発の時間を稼げる方法だからです。

 

●根治手術ー子宮全摘出(準根治)または卵巣子宮全摘出(根治)

●保存手術ー腹腔鏡手術か開腹手術で病変部のみ切除またはアルコール固定

 

子宮内膜症は長期的に付き合っていかなければいけない病気です。生活の質(QOL)を守るためにも、適切な治療を受けることがとても大切です。人によって合う方法と合わない方法があり、ホルモン療法などは副作用や好き嫌いもあるため、自分の希望を医師としっかり話し合って治療方法を決めましょう。 

 

(Photo by: [//www.irasutoya.com/2012/11/blog-post_9953.html])

著者: fuji-444さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

子宮内膜症に関する記事

子宮外部にも子宮内膜が形成されてしまう病気「子宮内膜症」とは?

子宮内膜症は20代~30代の女性に多くみられ、閉経まで治癒することがないとい...

想像妊娠(偽妊娠・擬似妊娠)で治療する!?子宮内膜症の偽妊娠療法とは

想像妊娠は偽妊娠、擬似妊娠とも言われています。想像妊娠は、妊娠に対する強い希...


不妊症だと思い受診したら子宮内膜症だった?!知っておきたい女性特有の病気

子宮内膜症は不妊の原因のひとつだと言われています。 不妊症かもしれないと思って...

自然気胸は子宮内膜症が原因!?

  自然気胸は、特に胸部に特に強い衝撃がない場合でも、肺に穴が開いてしまい...

カラダノートひろば

子宮内膜症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る