カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 子宮 >
  5. 子宮筋腫 >
  6. 子宮筋腫の悪化を予防するためにできることとは?

女性のカラダの悩み

子宮筋腫の悪化を予防するためにできることとは?

 

 

子宮筋腫とは子宮の筋肉に発生する良性の腫瘍です。成長速度に個人差があるものの、月経を繰り返すことによって徐々に大きく成長していきます。

 

 

◆子宮筋腫の原因は?

 

子宮筋腫の原因は今だ解明されていないものの、以下のようなものが子宮筋腫発症のリスクを増加すると考えられています。

 

●初潮年齢低下や出産回数の減少などで、エストロゲンヘの暴露量が増える。

●プラスチック、殺虫剤、除草剤、食肉に使われるホルモン剤、ホルモン療法などによるキセノエストロゲン(科学的に合成されたエストロゲン)への暴露。

●エストロゲン代謝能力が低く、過剰エストロゲンを体内から除去することができない。

●高血圧

●子宮内膜症

●無排卵月経

●遺伝的要因

 

◆子宮筋腫は妊娠に影響する?

 

子宮筋腫は不妊の2-10%の原因をしめていると言われています。子宮筋腫によって引き起こされていると考えられる妊娠や不妊に関する症状には以下のようなものがあります。

 

●受精卵の着床を阻害する

●腫瘍が卵管を押しつぶして精子や卵子の通行を妨げ、妊娠を阻害する

●無排卵月経をひき起こす

●子宮内の異常血流を起こし、精子が卵子にたどり着くのを阻害する

●流産

●子宮内胎児発育不全

●早期破水

●胎盤停滞

●産後出血

●異常分娩

 

すべての子宮筋腫をもつ女性がこれらの症状を経験するわけではありません。ですが、子宮筋腫はこれらのリスクを増加させるといわれているため、できるだけ筋腫を増加、成長させないような治療が必要になります。

 

◆子宮筋腫抑制のために自分でできること

 

子宮筋腫はキセノエストロゲンなどの内分泌攪乱物質(環境ホルモン)への暴露が原因の一部であるといわれています。ですので、このような物質を含むものの摂取や使用をできるだけ避けることが、子宮筋腫抑制に効果的であると考えられます。環境ホルモンを回避する方法には以下のようなものがあります。

 

●有機栽培された食物を選ぶ

●殺虫剤や除草剤、合成肥料への暴露を避ける

●基礎化粧品をナチュラルなものに変える

●加工食品を避ける(保存料や着色料)

●リサイクルされた無漂白の紙を使う

●洗濯物には非塩素系の酸素系漂白剤を使用する

●プラスチックの利用を避ける

 

子宮筋腫を発症する原因ははっきりわかっていませんが、生活習慣がその一端を担っている可能性は高いです。できるだけ環境ホルモンを避け、ホルモンバランスを崩すような食生活やライフスタイルを改善することで子宮筋腫を予防できるかもしれません。 

 

(Photo by: [//medical.i-illust.com/image_187.htm])

著者: fuji-444さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

子宮筋腫に関する記事

出産の分娩とは無関係の「筋腫分娩」とは?

  ◆子宮筋腫と粘膜下筋腫   子宮にできる良性の腫瘍のことを総称して...

子宮筋腫を検査するには?

    子宮付近の下腹部周辺に違和感があったりする場合に疑われる病気の一つと...


女性の病気~良性の腫瘍「子宮筋腫」とは?~

    子宮の筋肉から発生する良性の腫瘍を子宮筋腫といいます。良性のため、そ...

子宮筋腫について知ろう!エコーで見つける子宮筋腫

    たまたま子宮のがん検診などで受診した際に子宮筋腫が見つかった!まさか...

カラダノートひろば

子宮筋腫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る