カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. >
  4. 片頭痛などの慢性頭痛と目の奥の痛みの関係

頭痛

片頭痛などの慢性頭痛と目の奥の痛みの関係

 

頭痛は大きく分けて2種類に分けられます。1つ目は慢性頭痛(一時性頭痛)と呼ばれ、日常的に多くの人に起こる特に病気などが関係していない頭痛です。2つ目は症候性頭痛(二次性頭痛)と呼ばれるもので、脳腫瘍や髄膜炎、くも膜下出血などの脳の病気が隠れている頭痛です。片頭痛や緊張型頭痛などの一般的に多くみられる頭痛は慢性頭痛に含まれます。

 

 

◆頭痛で目の奥が痛む

 

頭痛によって目の奥が痛むことはよくあります。目の奥の痛みだけで頭痛の種類を判別することは難しいですが、目の奥の痛みが極端に激しい場合は「群発頭痛」を疑った方がよいでしょう。群発頭痛は慢性頭痛の一種ですが、発症する確率はとても低く、女性に多い片頭痛とは違い、男性に圧倒的に発症者が多いという特徴があります。群発頭痛はその名の通り、一年のうちのある一定の期間に群発する頭痛のことで、その痛みは片頭痛などの痛みとは比べ物にならないほど強く、「のた打ち回るような痛み」、「目の奥をえぐられるような痛み」と表現されることがあります。群発頭痛では、必ずどちらか片方だけの目の奥が激しく痛みますが、目の後ろの眼動脈や内頚動脈が炎症を起こすことで痛みが発生すると言われています。群発頭痛の場合は市販の消炎鎮痛剤で痛みを抑えることは難しく、予防的な治療が特に重要になるため、群発頭痛が疑われる場合は必ず医療機関の受診しましょう。

 

◆群発頭痛の原因と予防方法

 

群発頭痛の発症原因は不規則な生活やストレスにあるといわれています。これは片頭痛や緊張型頭痛などその他の慢性頭痛の悪化要因でもあります。特に、飲酒や禁煙、夜更かしなどでの睡眠時間の乱れが長期にわたって続くことで群発頭痛を発症しやすくなると言われています。ですので、現代のストレス社会で忙しく働くサラリーマンは特に注意が必要といえるでしょう。すぐにストレスを減らすことは至難の業だと思いますので、頭痛を起こしやすい人は特に、食生活などできるところから改善して群発頭痛の発症を予防しましょう。

 

 

群発頭痛はその激しい痛みから、発症すると仕事はおろか日常生活にも大きな支障をきたします。治療には痛みを和らげる対症療法と予防療法を組み合わせて行うことが必要になります。その他の慢性頭痛を予防する意味でも生活習慣を改めることは頭痛になりにくい体質を作る1番の近道と言えるでしょう。

 

(Photo by: [//medical.i-illust.com/image_13.htm])

著者: fuji-444さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

目に関する記事

片頭痛と目の疲れからくる頭痛の解消法は違う!?

  パソコン作業などのディスプレイやキーボード等を使うVDT作業をしている...

目の疲れからくる片頭痛は目の周りのツボでおさらば!

  長時間パソコン作業を続けていると目が疲れ、その疲れが次第に頭痛を引き起...


疲れ目からの片頭痛には目の周りのツボが効果的!

  目の使いすぎなどでの疲れ目から、肩や首まで凝ってきて、頭痛が起こること...

片頭痛の前兆は‘キラキラ’!?

いわゆる片頭痛持ちと言う人はそう少なくありません。一般的に女性の方が圧倒的に...

カラダノートひろば

目の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る