カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. ラムゼイ・ハント症候群 >
  5. 初期治療がカギ!その顔面麻痺の原因は?

気になる病気・症状

初期治療がカギ!その顔面麻痺の原因は?

 

片側の顔面が急に麻痺して、顔の歪みによって目や口が閉じられなくなるという顔面神経麻痺というのは比較的よく見られる症状です。ですからその顔面神経麻痺の原因を適切に特定することは重要なことになります。

 

 

ラムゼイハント症候群とベル麻痺

顔面神経麻痺が見られる疾患にラムゼイハント症候群とベル麻痺というものがあります。この二つの疾患は顔面神経麻痺を引き起こしているウイルスが違うもので、完治率や予後が大きく違います。

 

ラムゼイハント症候群の顔面神経麻痺

ラムゼイハント症候群は水ぼうそうを引き起こす帯状疱疹ウイルスが原因になって起こるものです。帯状疱疹というと水疱の症状が見られるものですが、ラムゼイハント症候群では水疱などの症状が耳介周辺に見られます。この水疱を引き起こしているウイルスとおな味ウイルスによって顔面神経麻痺が引き起こされるのですが、これは重症化することが多く、完治率は約6割ほどです。その上後遺症も残りやすい疾患で、初期に適切に処置することが大切です。ベル麻痺と混在しているものも約2割ほどあると言われています。

 

ベル麻痺の顔面神経麻痺

ベル麻痺は原因が分からない多くの顔面神経麻痺のものを指すようですが、単純ヘルペスウイルスの再活性化、感染によるものが多くあるようです。このベル麻痺は発症してすぐに治療を開始できれば数か月で約9割以上が治癒します。ラムゼイハント症候群はと違って予後も良好です。

 

見分け

大きな特徴はラムゼイハント症候群では耳介周辺に帯状疱疹ウイルスによる水疱が見られることです。また、水疱の強い痛みや、耳鳴り、難聴、めまい、高度な顔面神経麻痺も判断材料になります。しかし、初期の段階では顔面神経麻痺が先行して見られることが多いので、この段階でベル麻痺と誤診してしまうことも多いようです。

 

 

初期の段階で適切に処置できるように、細かい症状に目を向けることが大切です。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/07/23-025049.php?category=266])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ラムゼイ・ハント症候群に関する記事

顔面麻痺…急性期と慢性期のリハビリの違い

  小さい頃にかかったことのある人も多い水ぼうそうは、帯状疱疹ウイルスによって...

顔面麻痺のリハビリの目的を知っておこう

  ラムゼイハント症候群と言う疾患は、水ぼうそうを引き起こすウイルスと同じウイ...


顔面麻痺の治療は力を入れて行う必要アリ

  ラムゼイハント症候群は帯状疱疹ウイルスによって引き起こされるもので、帯状疱...

まだ未確立の顔面麻痺治療法

  ラムゼイハント症候群の治療において、避けて通ることができないのが、長期間にわ...

カラダノートひろば

ラムゼイ・ハント症候群の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る