カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 緊張性頭痛 >
  4. 対処・予防法 >
  5. 自律神経の乱れが緊張性頭痛を呼ぶ

頭痛

自律神経の乱れが緊張性頭痛を呼ぶ

 

自律神経とは人間の体を支えている2つの神経です。
交感神経、副交感神経がバランスよく切り替わることによって、人間の体は正常に働いています。

 

●自律神経のバランスが乱れることもある
自律神経のバランスは自分で勝手に変えることは出来ません。
交感神経に動いて欲しくても副交感神経が動くこともあります。また、その逆もあります。
基本的には環境や生活に合わせて、脳の方で自律神経の切り替えを判断してくれます。
ただし、脳が判断を間違うこともあります。
自律神経のバランスが取れなくなった病的な状態を自律神経失調症と呼んでいます。

 

●自律神経失調症と交感神経
自律神経失調症の多くは交感神経が過剰に働くというものです。
交感神経は活発、覚醒を司っている神経で、緊張を促します。
そのため本来は副交感神経を働かせてゆっくりと休むべきとき、例えば眠るときなどにも交感神経が働いてなかなか眠りにつけない場合があります。

 

●自律神経と緊張性頭痛
自律神経失調症の場合緊張が続くと言いましたが、緊張性頭痛も緊張によって起こることがわかっています。
交感神経が働き続け、体が緊張している状態だと血管が収縮される、もしくは筋肉の緊張で血管が圧迫されるため緊張性頭痛が起きてしまいます。
自律神経失調症の方が感じる頭痛の多くは緊張性頭痛です。
自律神経失調症及び緊張性頭痛を治療するためには、抗不安薬などを使うこともあります。

 

(Photo by//www.ashinari.com/2012/12/24-374467.php)

著者: なるこさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処・予防法に関する記事

緊張性頭痛の対処法!キャンドルやろうそくなどのゆらめく光を見つめると良いってホント?

    ゆらめく光ときくと幻想的なイメージがありますが、リラックスできる...

緊張性頭痛とアニマルテラピー

  動物を使ったセラピーをアニマルセラピーと呼んでいます。DVの被害者、心...


音からのリラックスで、緊張型頭痛も解消する!?

    私たちが暮らす環境には、たくさんの音があります。   生活か...

緊張型頭痛は血行を促して痛みも流そう!

緊張型頭痛が起こったら…緊張型頭痛の原因は首や肩の凝り、血行障害なので、軽いもの...

カラダノートひろば

対処・予防法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る