カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 健康食品・飲料 >
  4. 基礎知識 >
  5. 『紅麹』は、摂取の際注意が必要?『塩麹』の魅力とは?『生姜』の抗炎症作用とは

健康診断・健康管理

『紅麹』は、摂取の際注意が必要?『塩麹』の魅力とは?『生姜』の抗炎症作用とは

 

紅麹は高い栄養価の半面、健康被害の例がある?

『麹』と言えば、日本においては日本酒、甘酒、味噌、漬け物などの製造に広く使用されており、ビタミンやアミノ酸などバランスの取れた栄養素を持っているとして、健康食品としても人気があります。

 

通常、麹と言うと『黄麹』のことを指しますが、『紅麹』というものが存在しているのはあまり知られていないのではないでしょうか?

 

紅麹は、中国では古くから『紹興酒』の原料などに用られているものです。1970年代頃には紅麹カビから『ロバスタチン(モナコリンK)』というコレステロール低下作用のある成分が発見されました。

 

これ以来、健康食品としての注目が集まっており、日本でも現在、紅麹関連のサプリメントは数多くの健康食品メーカーから発売されています。しかし、近年フランスの食品衛生安全庁がこの紅麹が用たらすとされる健康被害に対して注意喚起が行われました。

 

以下では、紅麹がもたらす健康被害の症例をご紹介していきたいと思います。

 

 

紅麹は高機能!高脂血症薬としての作用

近年、高コレステロール血症の治療薬として良く使用されている『メバロチン』や『リポバス』は、紅麹カビから産生される『モナコリンK』をもとに開発されたもので、紅麹のエキスが使用されたサプリメントを摂取しても、コレステロール抑制には効果的だとされています。

 

【コレステロール低下の作用機所】

コレステロール合成経路の段階で、HMG−CoAからメバロン酸へ還元反応を生じさせる酵素に『HMG−CoAレダクターゼ』というものがあります。

 

モナコリンKはこの酵素の作用を阻害します。合成が抑制されると肝細胞膜上のLDL受容体が増加し、血中コレステロールを取り込み、血中コレステロール濃度を低下させる作用があります。

 

<その他の作用>

◆血圧調整、高血圧抑制

血圧調整作用は厚生労働省でも認定されており、血圧調整関連の特定保健用食品にも一部使用されています。作用を生じさせる有効成分はγ(ガンマ)アミノ酪酸という物質で、体内でグルタミン酸から合成され、脳内にも抑制性神経伝達物として多く存在しています。

 

◆メラニン抑制

またメラニン生成を抑制するので、日焼け止め外用としても効果があります。

 

紅麹がもたらす健康被害例もある

フランス食品・環境・労働衛生安全庁(ANSES)が行った報告によると、2009年以降、25件の紅麹含有サプリメントに関連する健康被害報告を受け取った中で、うち関連性が高い可能性があるものが12例とされており、摂取を避ける対象となる人は以下とされています。

 

<摂取を避けるべき対象の人>

◆遺伝的素因や持病や現在治療中などの感受性の高い人

◆スタチン医薬品を使用している患者

◆妊娠あるいは授乳中の女性

◆子どもや青少年

◆70才以上の人

◆持病のある人

◆大量のグレープフルーツを食べる人

 

主な症状としては以下に示すように、筋傷害(強い筋肉痛等)、肝障害が報告されています。

 

<具体的な健康被害例について>

1)筋傷害、肝障害が生じた例

◇ベニコウジサプリを摂取した62歳女性が、肝炎と診断された

⇒ベニコウジ米600mg/カプセルを2カプセル/日+気管支喘息治療薬+抗うつ薬を4ヶ月併用したところ、【吐き気、嘔吐、下痢、悪寒、発熱などの症状を10週間呈した後、症候性肝炎と診断】。ベニコウジの摂取を中止したところ症状は改善。

 

◇ベニコウジハーブ製剤を摂取した61歳女性が、強い筋障害を生じた

⇒ベニコウジのハーブ製剤を1,200 mg/日、約3ヶ月間摂取したところ、激しい広範囲の筋痛と血清クレアチンキナーゼ値の上昇を示した。

 

2)カビ毒(シトリニン)が検出された例

ベニコウジカビと共に用いられることの多い近縁種のM.ankaというカビは『シトリニン』という毒性物質を産生し、これがサプリメント中に混入していたとされる例が4件アメリカで起こっている。 

 

3)妊娠中の摂取は催奇形性の危険性

ロバスタチンは動物実験において、胎児に骨格の催奇形性を引き起こす可能性があるので、摂取は避けるべきであると注意喚起されている。

 

4)横紋筋融解の可能性

ベニコウジに含まれるメビニン酸により、HMG-CoAレダクターゼ阻害剤(スタチン系薬剤)と同様の横紋筋融解が起きることが考えられている。

 

(※短期間の経口摂取においては、安全性が示唆されているという記述も見られる。12週間の複数の臨床研究では、ベニコウジの摂取は安全であったという報告がある。)

 

高脂血症治療薬として、紅麹サプリメントをスタチン系薬剤(HMG-CoA還元酵素阻害薬)などの代用として使用される例もあるとのことですが、上記のように筋傷害やカビ毒の被害報告の例もありますので、持病のある方は医師と十分に相談した上で利用することが必要なようです。

 

 

健康と美味しさを兼ね備えた『塩麹』の魅力とは?

『塩麹(塩こうじ)』はなぜ今そんなにブーム?

現在、若い女性を中心にブームとなっている『塩麹(塩こうじ)』ですが、なぜそれほどまでに人気が過熱しているのか良く知らないという方も多いのではないでしょうか?今回は、麹の健康や美容に関する有用性と、家庭で出来る塩麹の作り方についてご紹介したいと思います。

 

<『麹』とは何か?>

 

まず『麹』とは良く聞くが、実際何か良く知らない、という方も多いと思います。麹とは、米や麦、大豆などの穀類をよく浸水させて蒸し、『コウジカビ』を繁殖させたもののことを指します。コウジカビは、デンプン、タンパク質、脂肪を分解して食品を発酵させる働きを行います。麹の種類としては、日本において『国菌』として重宝されている日本酒にも用いられるニホンコウジ菌から、泡盛の醸造に用いられる黒褐色の黒麹(アワモリコウジ菌)など様々な種類が存在します。

 

麹菌と聞けば、善玉菌であるいうイメージがあると思いますが、一方では発がん性や肝炎の原因にもなる猛毒性の『アフラトキシン』という物質を生み出すコウジカビもおり、過去には問題とされていたようですが、現在ではこのような悪玉菌は高温多湿の熱帯地域にしか生息していないことがわかっていますので、国内においては汚染の可能性は低いと言われています。

 

そして麹菌がなぜそんなに注目されているかですが、

 

◆栄養バランス、機能性に優れている(9種の必須アミノ酸、豊富な酵素、ビタミンB群、GABAなど)

◆タンパク質が酵素によって分解され、旨み成分である『グルタミン酸』が生み出される

 

以上の2点が優れているためです。また、肉などに塩麹を乗せると、タンパク質が溶解されることで肉質が非常に柔らかくなり高級感が出ると言うのも人気の理由です。

 

塩麹の健康への有用性とは?

『塩麹』は、麹に塩を混ぜ合わせて熟成させるだけで作ることが出来ます。この塩麹による健康へ寄与する効果は以下の通りです。

 

<塩麹の効果>

1)疲労回復効果

ビタミンB1・B2・B6などの栄養素が豊富に含まれている。特にビタミンB6は疲労回復効果が非常に高い。

2)ストレス軽減

アミノ酸の一種GABAが含まれており、ストレスを受けた神経を鎮める効果をもっている。

3)便秘解消

乳酸菌が含まれており、腸内環境の細菌を整えることで毎日の排便をスムーズにする。

4)老化予防

老化の原因である活性酸素を中和し、細胞損傷を防ぐ。

5)美肌効果

お肌の老化の原因となる活性酸素を抑え、細胞損傷を防ぐ。

 

塩麹の自宅での作り方とは?

市販の塩麹を買って食べるのも良いですが、自分で作ってみるというのもまたひときわ美味しさが増すものです。本格的な作り方から、5時間程度で(作業時間10分程度)で出来る即席の作り方まで、ご紹介したいと思います。

 

◆塩麹の作り方

<材料>

麹 … 200g

塩 … 60g

水 … 200cc

(※麹:塩:水の割合=10:3:10)

 

<作り方>

1)ボウルに麹を入れ、手でバラバラにほぐす。

2)塩を加えて、全体に馴染ませるように混ぜる。

3)水を加えて良く混ぜ合わせる。

4)大きめの容器に入れ、必ず密閉させずに蓋を少し緩めた状態で、直射日光を当てない様常温で保存する。

5)水と麹が分離するので、1日1回中身をかき混ぜる。(夏なら1週間程度、冬なら2週間程度)

⇒麹がふっくらして、粒に芯が無くなれば出来上がり。保存は冷蔵庫で行う。半年ほどは保存が可能。

 

◆塩麹の作り方(短時間で作る)

<作り方>

1)60度のお湯に塩を溶かす。

2)麹をほぐして入れ、よく混ぜ合わせる。

3)炊飯器に入れ、中の温度を60度前後に保ち、密閉せずに蓋を少しあけた状態で約5時間保温する。

4)途中2回程かき混ぜて時間が経てば、即席塩麹の出来上がり。

 

最後に 

塩麹を長年愛用されているという方によれば、『安い鶏むね肉などが塩麹を乗せることで、すごくジューシーになって高級感が出るところが素晴らしい。一晩漬け込めばさらに柔らかく旨みが増す』とのことです。また、チーズや納豆などの発酵食品とも相性が良いとのこと。美味しくて健康にも効果的な塩麹を食べて、元気な毎日を過ごしましょう!

 

 

『生姜』の抗炎症作用は「がん・末梢神経疾患」に有効!

生姜に含まれる『ショウガオール』が、がん細胞を自滅に導く!

発がんやリウマチ、関節痛、末梢神経炎などの発症の原因に共通していると考えられているのが『COX-2(シクロオキシゲナーゼ-2)』です。この酵素が合成を触媒しているプロスタグランジンがさらに炎症反応を憎悪させると考えられています。

シクロオキシゲナーゼを抑える薬としては現在、代表的なものに『セレコキシブ(非ステロイド性消炎鎮痛薬:NSAID)』などがありますが、『COX-1(シクロオキシゲナーゼ-1)』という生理機能に必要な作用を示す酵素まで抑制してしまうことが欠点とされていました。

 

しかし、このCOX-2のみを抑える作用がある食材として『生姜』が非常に注目されています。

 

生姜に含まれる『ショウガオール』を使ったアメリカニュージャージー州の大学の実験では、COX-2が実際に抑制され、がん細胞の自滅が高められたと報告されています。また、兵庫医科大学の研究では慢性末梢神経炎の『リウマチやCIDP』などの原因がCOX-2であると共に、この酵素を抑制すれば治療が期待できると報告されていることから、このショウガオールの有効性が期待されています。以下では、ショウガオールの詳細やその作用機構についてご紹介していきたいと思います。

 

『COX-2』によって、がん細胞が増殖する過程とは?

ストレスなどにより体内の活性酸素が増えることと、シクロオキシゲナーゼによる発がんはどのように関連しているのでしょうか?その順序とは以下の通りです。

 

1)ストレスなどが体内で炎症性サイトカイン(TNF-アルファなど)や、活性酸素・一酸化窒素などのフリーラジカルを発生させる。

2)その刺激によって、酵素などのタンパク質を合成する『DNAの複製』開始される。(核因子カッパB:NF-κBのスイッチが入る。)

3)結果シクロオキシゲナーゼ (COX-2)が合成され、発現量が増え、プロスタグランジンが続いて合成される。

4)プロスタグランジンE2が各組織において過剰な炎症反応を引き起こし、正常な細胞は死に癌細胞は増殖し続ける。

5)また、プロスタグランジンE2が血管新生や免疫細胞の働きも弱め、がん細胞増殖が強化される。

 

NSAID服用者によって証明された、抗がん作用とは?

生姜の抗がん作用を見る前に、知っておきたいのが、アスピリンなどの非ステロイド性鎮痛抗炎症剤(NSAIDs)服用による抗がん効果の事例です(生姜と同様にシクロオキシゲナーゼを阻害する)。冒頭で述べましたが、多くのNSAIDはCOX-1,2の両方を抑えてしまうことから、継続的に常用することには不向きであり、COX-2のみを抑制する薬が待たれていますが、思わぬ産物として抗がん作用が報告されています。1990年代の初めに、鎮痛剤として日常的にアスピリンを服用している人が、大腸がんの発生頻度が低いという疫学調査の結果が明らかになりました。

 

<アスピリン服用患者の疫学調査とは?>

◆米国ジョージア州のアメリカがん協会ヒース博士らによる

 

【調査内容】約66万人の成人を対象とした約6年間の追跡調査。アスピリンの服用と大腸がんによる死亡の関係調査。

【結果】1ヶ月に16回以上のアスピリン服用者(1年以上の継続)は、服用していない人に比べ大腸がんリスクが約60%に減少。

 

⇒がん細胞の転移・再発の抑制、アポトーシス(細胞死)を引き起こす作用が明らかになった。

(※その他の疫学的研究では、胃がんにも効果があることが報告されている。)

(※但し、NSAIDsの継続服用は、腎障害や死亡の例も報告されているので安易な使用は危険。)

 

『ショウガオール』とはどのような物質か?

生姜に含まれているポリフェノールに『ジンゲロール』や『ショウガオール』という物質がありますが、上記のNSAIDsのような副作用もなく、加えて抗炎症作用は同程度であるという報告もあります。

 

<ショウガオールとは?>

ショウガオールは、生姜に含まれるフラボノイド『ジンゲロール』が乾燥した際、脱水反応により生成される物質で、下記のように4種類の中で最も活性が強く、抗酸化・抗炎症力があります。

 

<生理活性の強さ>

6-ショウガオール>8-ジンゲロール>10-ジンゲロール>6-ジンゲロール

(※6-ショウガオールの活性酸素消去能は、6-ジンゲロールの3.3倍とされる。)

 

<期待される効果>

◆抗酸化(6-ショウガオールで、ビタミンEの3.4倍)

◆抗炎症(一酸化窒素合成酵素の抑制、COX-2合成の抑制)⇒腸・乳房・卵巣・膵臓の悪性腫瘍への効果、慢性炎症性疾患への効果

◆妊娠や疾患による吐き気や頭痛の緩和

◆血流促進(低体温状態を改善)

 

ショウガオールの効果が実証された培養実験とは?

ショウガオールの効果を実証した実験としては、以下の例があります。

 

◆ニュージャージー州のラトガー大学薬学部のSang氏らによる培養実験

【実験の詳細】

ヒト由来の培養大腸がん細胞へ『ショウガポリフェノール(ショウガオール、ジンゲロール)』の効果を実験したところ、アポトーシス(細胞の自滅)が確認された。また、以下の順にNF-κB(シクロオキシゲナーゼ合成に繋がる転写因子)の活性化を抑えることが確認された。

 

⇒6-ショウガオール>6-ジンゲロール(効果は約18倍の差が見られた)

 

最後に

 

上記のように『ショウガオール』は『ジンゲロール』を脱水反応させることで生成されると言われていますが、その作り方は加熱するだけと極めて簡単に行うことが出来ます。がんに対する効果とともに、末梢神経の抗炎症作用も期待できますので、持病を持たれている場合は是非試されてみては如何でしょうか?

(photoby:http://pixabay.com/) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-09掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

栄養ドリンクを効果的に利用するポイント!副作用が出てしまう場合も!?太る原因や糖尿病の原因にも?

   現在では、さまざまな栄養ドリンクが販売されています。選択肢が増えたのはう...


疲労回復に効果的?『酸素水』、話題のチアシード、生のまま摂取は危険?マジック7とは何?

  『酸素水』は疲労回復に効果的?  近年、疲労回復やダイエットなどに効...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

基礎知識の記事ランキング

人気体験談ランキング

健康診断・健康管理のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る