カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. かゆみ >
  5. 衣類の素材選びで皮膚への刺激を最小限に かゆみを予防しよう

気になる病気・症状

衣類の素材選びで皮膚への刺激を最小限に かゆみを予防しよう

 

皮膚のかゆみというのは、どうしても我慢できなくなると掻いてしまって皮膚を傷つけ、症状を悪化してしまうという、とっても悩ましい症状の一つです。皮膚のかゆみの原因は様々ですが、その中には予防をすることができるものがあります。ここでは、皮膚のかゆみを予防する方法を一部紹介します。

 

かゆみの予防方法

 

皮膚のかゆみを予防するためには、自分自身による心がけと行動、すなわちセルフケアが必要となります。皮膚のかゆみの原因となる、過度な刺激やダメージから皮膚を守るためこと、そして皮膚のかゆみを誘因する行為をしないことが非常に重要です。

 

1    衣類の洗濯はしっかりおこないましょう

 

日常の衣類の洗濯において気をつけなければならないのは、洗剤が残留しないようにすうことです。特に粉末洗剤を用いる場合には、洗剤が水に溶けず衣服に残る場合があります。洗剤は皮膚に対して刺激を与える原因となりますので、洗剤をあらかじめお湯で溶いて洗濯機に入れるか、洗濯の際に用いる水をお湯にするなどといった工夫をしたほうが良いでしょう。

 

2 皮膚に低刺激の素材から作られている衣類を着用しましょう

 

実際に身につけて生地がごわつくもの、縫い目が目立つもの、特殊な染料を用いて布を染めている衣類はできるだけ避けた方がいいでしょう。これらは、皮膚に強い刺激を与える可能性があります。理想としては、木綿や合成繊維の衣類を身につけるようにしましょう。これらは、吸湿性に優れ、また肌触りが良いという長所もあります。この点、衣類に限らず、シーツやベッドカバー、ソファカバーなどにもあてはまります。長時間肌を触れるのは衣類に限りませんので、自分の生活を顧みて、どういった製品の材質に気をつけなければならないか、一度確認しましょう。

 

最後に

 

これらの予防策によって皮膚のかゆみが発生する可能性を小さくすることができるでしょう。自分自身の生活態度を見直して、当てはまる点をどんどん減らしていきましょう。

 

(Photo by//www.ashinari.com/2010/03/09-034608.php?category=212

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

かゆみに関する記事

静電気よさらば!静電気除去して「バチッ」予防

  乾燥する冬は「パチっ」と静電気が起こりやすい季節です。そんな静電気を除去す...

あなたのかゆみはどこから?原因不明のかゆみはテストで原因分析

    かゆみはストレスを与えるだけではなく、注意力を散漫にさせ、仕事や...


ドライスキンの原因は金属や化学物質だった?痒みの原因を徹底分析

   大変な不快感を伴う皮膚のかゆみ。しかし、皮膚のかゆみがどうして起こる...

肌のかゆみに効く、市販薬の選び方

  乾燥によるかゆみに悩まされる季節になると、テレビコーマシャルやドラッグ...

カラダノートひろば

かゆみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る