カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. かゆみ >
  5. 身近なところからできる皮膚のかゆみ予防法

気になる病気・症状

身近なところからできる皮膚のかゆみ予防法

 

皮膚のかゆみを予防するためには、日々の生活においていろいろ気をつける必要があります。以下では日常生活のちょっとしたことで皮膚のかゆみを予防できる方法を列挙しました。

 

1 汗をかいたときは、しっかり洗い流しましょう。

 

汗の成分の中にはかゆみを誘発するものがあります。スポーツだけに限らず、寝てるとき、夏の暑いとき、梅雨で湿度の高いときに汗をかいた場合は、しっかりシャワーを浴びたり、お風呂に入ったりして、汗を洗い流しましょう。できれば、入浴後のスキンケアもしたほうがいいでしょう。

 

2    適度な温度・湿度を保つことが重要です

 

夏はエアコンの多用により室内の空気が乾燥します。また、冬の暖房でも空気はどんどん乾燥していきます。特に設定温度を高くすればするほど、湿度は低くなります。乾燥は皮膚の大敵なので、適度な温度や湿度を保つことが重要です。難しい場合は、加湿器を用いる、またはぬらしたタオルを室内にかけておくといった工夫をして湿度を保ちましょう。

 

3    顔や首に刺激を与えるヘアスタイルをしていませんか?

 

毛先が皮膚にあたることは、皮膚に対する刺激です。さらに髪の毛をヘアカラーで染めていたり、白髪染めをしている場合は、これらの成分によってかぶれの症状がでることがあります。症状がひどい場合は、できるだけ早くお医者さんに診てもらいましょう。

 

4    ツメの手入れしていますか?

 

ツメが伸びていたり、とがっていたりすると知らないうちに皮膚を傷つけている可能性が高くなります。皮膚の傷は結果としてかゆみという症状になりえます。自分のツメをみて、該当しそうな場合は、ツメ切りやヤスリをつかって、ツメの手入れをしっかりしましょう。

 

まとめ

 

上記に掲げた点はどれも日常生活で気になる点でもあるので、これらを守って少しでも肌のかゆみの原因を減らしていきましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2010/03/01-034002.php?category=212)

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

かゆみに関する記事

静電気よさらば!静電気除去して「バチッ」予防

  乾燥する冬は「パチっ」と静電気が起こりやすい季節です。そんな静電気を除去す...

肌のかゆみに効く、市販薬の選び方

  乾燥によるかゆみに悩まされる季節になると、テレビコーマシャルやドラッグ...


身近な物質に要注意!かゆみの原因となる物質に気をつけて!

    皮膚のかゆみは、ストレスにもなりますから、きちんと原因を理解して...

あなたのかゆみはどこから?原因不明のかゆみはテストで原因分析

    かゆみはストレスを与えるだけではなく、注意力を散漫にさせ、仕事や...

カラダノートひろば

かゆみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る