カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. 高齢者の身体の変化 >
  5. その他 >
  6. サルコぺニアからロコモティブシンドロームへの移行

介護・認知症

サルコぺニアからロコモティブシンドロームへの移行

メタボリックシンドロームという言葉は比較的日本人に浸透した概念だと思います。

これに対して、新しい健康の概念としてサルコぺニアやロコモティブシンドロームという言葉があります。

これらはどのような意味を持つ言葉なのでしょうか。

 

 

ロコモへの入り口がサルコぺニア

サルコぺニアだロコモの前身だというような言われ方をすることがしばしばあります。

人の筋肉は20代頃から徐々に減少しはじめます。

そして年齢が上がるにつれてその減少幅は次第に大きくなっていきます。

 

主にこうした加齢、あるいはその他の加齢に伴う原因によって体の筋肉が著しく減ってしまう現象をサルコぺニアと言います。

サルコぺニアはメタボ同様、様々な健康のリスクを上げる要因になる為、予防や健診に高い関心が寄せられています。

 

サルコぺニアからロコモへ

サルコぺニアは上記の通り、著しい筋肉の減少を指す言葉です。

少し想像すると分かると思いますが、筋肉が減少している体は何か特別な対策をしない限り、そのまま筋肉量、筋力の減少が続いていき様々な身体機能に影響を及ぼします。

その影響というのは筋肉だけではなく、骨がもろくなったり関節の動きが鈍くなったりといったことが想像できると思います。

これがロコモティブシンドロームと言われるものです

サルコぺニアは特に筋肉量とそこからくる筋力や身体機能の低下を指すのに対し、ロコモティブシンドロームは加齢によって筋肉、骨、関節と言った運動器全般に支障をきたすことを指すのです。

 

もちろん誰もがこうした順番を経てロコモティブシンドロームに至るというわけではありませんが、筋肉の減少は日常生活を普通に送っているだけでは避けられないものです。

そのため何らかの特別の対策が必要になることは間違いありません。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2006/10/06-000292.php?category=52])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

高齢者の「粗食」は、老化・死亡率を上昇させる?「ユニバーサルデザインフード」の活用について

従来、高齢になると代謝が落ちるため肉・脂を摂取するとメタボや動脈硬化、またそ...

加齢と共に脂肪が気になる方は要注意?サルコペニアと診断される条件とは

  加齢によって体の機能が低下していくのは、特筆することでもない、ごく当たり前の...


それは要介護につながる老化現象です!フレイルってどんな状態?あなたは大丈夫か早速チェック!

年齢を重ねて体の色々な部分が衰えていくのは、ある意味仕方のないことです。そう...

他人事だと思っていると危ない?ロコモにつながる身体機能低下の悪循環

  高齢者の体の中では、若い頃には正常に行われていたたんぱく質による筋肉の合成...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る