カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. 高齢者の身体の変化 >
  5. その他 >
  6. 加齢が原因じゃなかった?二次性のサルコペニアってどんなもの?

介護・認知症

加齢が原因じゃなかった?二次性のサルコペニアってどんなもの?

 

サルコぺニアは高齢者の多くがそうであると言われている症候群です。サルコぺニアであると言うには、筋肉量の低下があることが必須条件で、それに伴って筋量の低下あるいは身体機能の低下が見られることが必要です。

 

 

基本は加齢によるもの

サルコぺニアは一次性と二次性にわけられます。そのうち一次性のサルコぺニアは加齢によって上記のような筋肉量の低下が起こるものです。加齢によるものと判断されるためには、加齢以外の原因は見当たらない場合に加齢によるものと判断されます。

 

二次性のサルコぺニア

加齢以外に原因がある場合は二次性のサルコぺニアと言います。そして二次性のサルコぺニアは以下のように原因を細かく分けることができます。

・活動に関連するサルコぺニア

…活動に関する原因というのは、安静、寝たきり、廃用、生活習慣(出不精)、臥床、無重力などによって生じます。またダイエットなどによる禁食といった口からものが食べられないと言う状態から、嚥下筋のサルコぺニアというものも起こることがあります。

 

・栄養に関連するサルコぺニア

…栄養に関するサルコぺニアは、筋肉を構成する栄養素であるエネルギーとタンパク質の摂取不足によって生じます。神経性食思不振症や不適切な栄養管理による飢餓、低栄養状態、吸収不良、消化管疾患にともなうもの、カロリー不足などによって起こります。

 

・疾患に関連するサルコぺニア

…疾患に関するサルコぺニアは、特定の疾患によって生じます。原因となる疾患には以下のようなものがあります。

侵襲:侵襲とは、疾患と言うよりは手術や外傷、骨折、感染症などによって体の中の恒常性が乱されることです。場合によっては筋肉量が1日につき1kg減少することもあります。

悪液質:がんや感染症、膠原病、慢性心不全、慢性腎不全、慢性呼吸不全、肝不全などが原因になって、代謝症候群によって筋肉が喪失するというものです。

他にも神経筋疾患や重症な臓器不全、炎症性疾患、内分泌疾患など様々な疾患によって引き起こされる可能性があります。

 

 

これらのうち、どれか一つの原因がサルコぺニアの原因になっているというよりは複数の原因によって二次性サルコぺニアが引き起こされていることが多いようです。

 

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/04/15-017009.php?category=52])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

サルコぺニアの簡易診断基準を知ろう

  サルコぺニアとは筋量の低下によって日常生活に障害が出たり、疾患を引き起こす...

高齢者にも美味しい食事を 加齢に伴う味覚障害 原因別対処法

  既に味覚障害がある高齢者が、美味しく食事をするためにはどんな心がけが必...


筋肉の減少・サルコぺニア…筋トレ

   加齢による筋肉減少を意味する用語としてサルコぺニアという言葉があります。...

肥満のもと?加齢が原因?原発性と二次性02つのサルコペニアとは

  誰でも年をとるにしたがって、様々な機能が衰えていきます。その中でも筋肉の量...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る