カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. 高齢者の身体の変化 >
  5. >
  6. 認知症の判断力の低下~具体的にどんな症状?

介護・認知症

認知症の判断力の低下~具体的にどんな症状?

 

高齢になれば誰しもが認知能力が衰えたり、記憶力が低下したりということは起こり得ることですが、それでもそれまでと変わらない生活を続けている人も多いと思います。

 

 

認知症による判断能力の低下

加齢というだけでなく、病的に判断能力がなくなってしまうのが認知症です。車の免許に代表されるように、認知症であると判断されるとそれに伴うトラブルが想定されます。では認知症による病的な判断能力の低下とはどのようなものなのでしょうか。

 

一度に二つ以上のことができない

認知をするということは、外からの情報を頭の中で受け止めその情報を頭の中で処理しなければいけません。そもそもまず受け止める作業自体が認知症の人にとっては、理解できなかったり、記憶にとどめておけなかったりするのですから、一度に二つ以上の情報を処理することは非常に難しくなります。特にその場で複数の情報を判断しなければならなくなると、情報を処理できずにおかしな判断をしてしまったり混乱してしまったりします。

 

現実との結びつけができなくなる

頭の中で考えて判断したことと、目の前の現実に起こっていることとの結びつけがうまくいかなくなります。そうすると塩分を控えなければいけないとわかっているのに、塩分の多い食事をとってしまうなどします。

 

些細な判断もできなくなる

よく判断能力のないままに高価な商品を売りつけられてしまったという話がありますが、こうしたお金の大きなトラブルにつながるような判断ができなくなるどころか、今日何の服を着たらよいか、料理の味つけにどの調味料を使ったらよいのかといった、日常的な判断もできなくなっていきます

 

いつもと違うことに対応できなくなる

入院や引っ越しといった環境変化から、突発的にいつもと違う出来事が起こったということまで、日常生活の中にないものに対応できず、混乱してしまうことがあります。

 

 

こうした判断能力の低下に関するトラブルは周りの人のフォローが必要です。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/09/04-007678.php?category=52])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

脳に関する記事

こんな症状は専門医へ!高齢者の睡眠障害

  いくつかある睡眠障害の中でも高齢者がかかりやすく、通常の睡眠薬では改善...

高齢者と睡眠薬 薬の種類と服薬の際の注意点!

  高齢者の睡眠障害を改善するため、睡眠薬が処方されることがあります。睡眠...


新しくなった運転免許更新の新検査

  自動車を運転するということは、それなりの判断力を持っていなければなりません...

認知症患者は事故を起こしやすい・・・その対策は?

  高齢になってくると、危険察知能力や判断ミスなど、運転に支障が出てくることが...

カラダノートひろば

脳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る