カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 敏感肌 >
  5. あなたのやりかたは合っている?敏感肌のための正しい処置法

美容・ダイエット

あなたのやりかたは合っている?敏感肌のための正しい処置法

 

敏感肌になると、様々な症状が出てしまい、自身が不快になるだけではなく、他人から見ても不健康なイメージを与えてしまう可能性があるので注意が必要です。そもそも敏感肌の症状としてはどのようなものがあり、どのような処置が必要でしょうか。

 

敏感肌の症状

 

敏感肌の症状としては以下の点を挙げることができます。

  • 肌がカサカサし、乾燥しやすい
  • かゆみがでやすい
  • ニキビができやすい
  • 肌が赤くなりやすい

 

これらは、一般の人が普通に生活を送っていても問題は生じないのですが、敏感肌の人が同様の生活を送ると上記のような症状が現れてしまうのです。そして、肌がカサカサし乾燥していると、粉を吹いたような状態に見え、化粧のノリも悪くなります。

 

敏感肌への対処方法

 

まず洗顔ですが、ポイントはいかに必要な皮脂を取り除かず、よごれだけを取り除くかということです。ゴシゴシと顔をこすることで顔の角質層を余計にはぎとってしまうとそれは敏感肌の原因となります。

 

また、洗顔そのものの成分についても理解する必要があります。合成添加物が配合されている洗顔料は、よごれを落とす効果が抜群なのですが、逆に皮脂膜をやぶって肌に吸収される恐れがあります。その中でも、特に合成界面活性剤は石油を原料としており、洗浄力が強いことから洗顔だけに限らず、食器洗い洗剤や洗濯洗剤にも利用されるなど、人体以外にも幅広く利用されているのです。

 

こうした刺激の強い成分を配合した洗顔剤を避け、刺激の少ない石けんを利用し、泡立てネットなどを使って泡立てた後、それをやさしく指の腹や手のひらでマッサージするように洗顔しましょう。

 

まとめ

 

洗顔一つでも、敏感肌を防ぐためにはいろいろなことができます。特に顔の敏感肌でお悩みの方は是非お試しください。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/11/02-383537.php?category=212)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

敏感肌に関する記事

気になる【小鼻の周りの赤み】

気になる【小鼻の周りの赤み】■皮脂をしっかり落とす小鼻は、顔の中でも皮脂の分泌が...

敏感肌の方必見!悪化を防ぐために気をつけるべきポイント3つ

  敏感肌にはとにかく刺激を与えないこと     敏感肌に悩んでいる...


敏感肌の肌質改善方法!日常生活を見直してトラブルの少ない肌へ

    敏感肌になると、通常の人以上に外部の刺激や物質に対して敏感に対応...

皮膚は内臓の鏡!敏感肌は食事で治せる?

  ちょっとした刺激ですぐに赤くなったり、かゆみが出たりとやっかいな敏感肌。 ...

カラダノートひろば

敏感肌の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る