カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 基礎知識 >
  5. 採血のあとはタバコは控えましょう!~採血後の注意点~

健康診断・健康管理

採血のあとはタバコは控えましょう!~採血後の注意点~

採血したあとに頭痛などが起こることがあります。検査程度の血液量を採取しても、通常であれば身体への影響はありませんが、採血後に気分がわるくなった経験がある人などには、いくつかの注意点があります。 

 

血を採った後すぐにタバコを吸わない 

タバコは血管を収縮させる効果があります。注射のストレスに加えて血管が収縮した場合には、脳に十分血液がいかなくなることが心配されます。その結果として、頭痛や失神などが起きることがあるかもしれません。

 

できるだけ、検査の直後にはタバコを吸わないようにしましょう。

  

水分を十分にとる

採血したあとには、水分補給をしましょう。ジュースやイオン飲料などがオススメです。

 

検査の場合には前日から水分や食事を控えているため、身体の水分が不足していることが考えられます。血液がドロドロすると、血行が悪くなって頭痛などを起こしやすくなります。 

 

カフェインを避ける 

水分をとることは大切なのですが、そのときにコーヒーなどカフェインが入っているものを飲むのは避けましょう。カフェインは血圧や脈拍などに影響があるため、刺激が頭痛の原因となるかもしれません。 

 

激しい運動を控える

採血の後は激しく活動せず、ゆっくり過ごすことが大切です。注射針で刺した部分の血管が開いてしまうこともあります。

  

血液検査であれば、たくさん採っているように見えても実際には15ml程度ですので、血液がたりない、といった心配はありません。ですが、献血の場合には、頭痛などを起こしたことがなくても、必ず上記に注意しましょう。

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

アロマでぐっすり寝って低体温を解消!

  睡眠がしっかりとれていない人の多くが、低体温症で悩んでいます。表面的な...

低体温の子供が急増!低体温にならない生活法

  近年、子供の低体温が増えています!本来人間は36.5℃の体温が最適です...


朝の体温が36℃以下の人は要注意! 自律神経を整えよう!

  あなたの朝起きてすぐの体温はどのくらいですか?36℃以下の人は要注意です!...

体の冷えで眠れない!低体温がもたらす体の異常とは

人間は、手足や体が冷えると眠りにつきずらくなります。冷えは血流を悪くし、脳への栄...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る