カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 腹痛 >
  5. 基本は食事から!妊婦さんにおすすめの呑酸解消法

妊娠・出産

基本は食事から!妊婦さんにおすすめの呑酸解消法

妊娠中は、ホルモンの変化と赤ちゃんによって胃が圧迫されることで呑酸になりやすい状態になります。逆流性食道炎などの持病がなければ、妊娠中の呑酸は一時的なものなのであまり心配する必要はありません。

 

しかし、呑酸の症状は不快感があります。ですので、妊婦さんでも出来る呑酸の解消法を見ていきます。

 

炭水化物を消化しやすい食材に変更

呑酸の原因となっているのは直接的には胃液です。妊婦さんの場合はホルモン変化、赤ちゃんが胃を圧迫することが間接的な原因ですが、これらは妊娠に伴って自然に起きる変化なので仕方がないといえば仕方がないのです。

 

そこで、まずは少しでも消化をよくして余分な胃液が上がってこないよう対策していきます。

栄養バランスのことも考えるとおすすめなのはお米やパンをうどん・おかゆなど消化によいものに変える方法です。

 

ちょこちょこ食べも効果的

つわりの解消法などでよく用いられる方法ですが、少しずつに食事を分けて食べるのもおすすめの方法です。一気に食事が胃の中に入るとただでさえ圧迫されている胃が内側からも外側からも押されてしまいます。

一度に食べる量を少なくすれば胃の方も少しずつ消化できるので呑酸や胸焼け、吐き気のリスクが減ります。

 

リラックスもポイント

妊婦になるとこれから生まれる赤ちゃんのこと、10か月にわたる妊婦生活によってストレスを抱えてしまう場合も多いです。しかし、ストレスのある状態、つまり交感神経が優位の状態だと消化不良を起こしやすく胃の働きも悪くなることがわかっています。

できるだけリラックスできる時間を作るのも大切なポイントといえるでしょう。

 

妊婦さんの呑酸解消法の基本は食事の内容や食事の仕方にあります。

食事では炭水化物を消化しやすいものに変えて、1日の食事を5-6食(内容は3食分)に分けるとよいでしょう。

 

「妊娠・出産」で人気の記事はこちら

●つわり再発?!妊娠中の方は必見です!後期つわりの原因と対策

 

(Photo by://pixabay.com/)

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腹痛に関する記事

妊娠中の不調「お腹の張り・痛み」がつらいアナタへ お腹が張らないために心がけたいコト

妊娠中のお腹の張りは、ほとんどの妊婦さんが経験する症状でしょう。 ですが、...

服装、気をつけてますか?妊娠初期の腰痛・つわり対策

多くの妊婦さんが悩まされやすい症状に、つわりや腰痛がありますね。   今...

腹痛の体験談

大変です!トラブルです!!卵巣嚢腫で緊急手術の巻

現在、私は3人目を妊娠中です。3人目にして初めて切迫流産で自宅安静と言われてしまいました。 同...

ノロウイルス?!妊娠中の胃腸炎

夫が15w目に胃腸炎になりました。 牡蠣を食べた翌日、集団で会社の人が腹痛と発熱になったそうで・・...

カラダノートひろば

腹痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る