カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 色々なアレルギー >
  4. 寒冷 >
  5. 寒冷アレルギーの症状発生のメカニズム

アレルギー

寒冷アレルギーの症状発生のメカニズム

 

寒冷アレルギーになると、かゆみを生じ、ストレスに感じる人も多いのではないでしょうか。寒冷アレルギーは寒冷じんましんとも呼ばれ、発疹が出て、かゆみが生じるのが一般的な症状といえます。

 

かゆみのメカニズム

 

かゆみのメカニズムは他のアレルギーと似ています。つまり、激しい温度変化によって、肥満細胞という血管の周辺にある細胞を刺激することにより、ヒスタミンという物質が放出されます。そして、このヒスタミンが血管内の血漿(けっしょう)と呼ばれる血液の一部分を血管の外に出すことによって、皮膚にふくらみができ、それがじんましんの原因なのです。

 

肥満細胞という名前ですが、肥満とは全く関係なく、様々なアレルギー原因物質や慣例エネルギーのような温度差という刺激によって、化学伝達物質(これをケミカルメディエーターといいます)を放出しますが、それがアレルギーの場合はヒスタミンなのです。

また、血漿とは血液の液体成分の一つで最大の割合を占め、血液の約55%が血漿です。その中身は水が約9割で残りの1割はたんぱく質からできています。

 

寒冷アレルギーの場合、肥満細胞に与える急激な温度差こそが原因であるので、冷たいものに触れたり、入浴後の急激な体温低下が寒冷アレルギーを引き起こすということが理解できるのではないでしょうか。

 

まとめ

 

寒冷アレルギーは、他のアレルギー同様、肥満細胞に急激な温度差という刺激が加わることでヒスタミンが放出され、これがじんましんやかゆみの原因となるのです。ですから、急激な温度変化が起こりやすい入浴後や温度差の大きな場所間の移動、冷たい飲み物に触れることなど、日常生活の中で心当たりがある場面においては、この点に十分留意した上で生活を送りたいものです。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/04/23-378075.php?category=14)

 

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

寒冷に関する記事

寒冷アレルギーの検査方法とは?

    寒い日に家に入るとかゆみを感じる、じんましんが発生する。お風呂あ...

冬場外に長時間いる場合の寒冷アレルギー対策とは

  寒冷アレルギーには、2つのパターンがあります。一つは、自分の体温よりも低い...


部屋内の温度差が盲点*寒冷アレルギーを防ぐ住まいの環境づくり

    寒冷アレルギーは寒さが原因で発症する皮膚のアレルギーです。 鳥肌のように...

寒いと蕁麻疹が出てかゆい!寒冷アレルギーの症状まとめ

温度に関するアレルギーがある事を知っていますか?寒冷アレルギーは寒冷蕁麻疹(...

カラダノートひろば

寒冷の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る