カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 色々なアレルギー >
  4. 寒冷 >
  5. 寒冷アレルギーの検査方法とは?

アレルギー

寒冷アレルギーの検査方法とは?

 

 

寒い日に家に入るとかゆみを感じる、じんましんが発生する。お風呂あがりに薄着でいると同様に体がかゆくなり、皮膚が赤くなる。こういった場合に、寒冷じんましんだとすぐに特定できる人はなかなかいないのではないでしょうか。まずはしもやけを疑ったり、入浴中・入浴後に利用したシャンプーや化粧水などが自分の肌に合わないのではないか、と疑うところからはじめる方が多いと思います。

 

寒冷アレルギーは急激な気温差を原因として発症するアレルギーの一種で、なかなかすぐにこれが原因だと気付きにくいアレルギーの一つです。

 

皮膚科に行けば、様々な検査を通じて原因を特定化でき、それらの検査には以下のようなものがあります。

 

アレルギー検査の種類

  • 免疫学的検査
  • 血液検査
  • 皮膚パッチテスト
  • 皮膚スクラッチテスト
  • 皮内反応テスト
  • スクリーニング検査
  • 試験食法検査
  • 皮膚描記法
  • 食品選択法検査

 

これらは他のアレルギーの原因特定には有効ですが、寒冷アレルギーの場合は、そうはいきません。寒冷アレルギーの場合に有効なのは、寒冷負荷検査と呼ばれる検査です。

 

寒冷負荷検査とは?

 

寒冷負荷検査とは、寒冷アレルギー(寒冷じんましん)を調べるための検査で、通常氷の入った冷たい水をビニール袋にいれ、それを10<span ">分間皮膚にあてます。そして、その反応を確認するのですが、あてている部分が赤くなり、鳥肌のような小さな発疹が見られる場合は寒冷アレルギーだと診断されます。

 

まとめ

 

アレルギーの原因は多岐に渡るため、どんなに皮膚に症状が現れた状態で皮膚科のお医者さんにその症状を見せたとしても、それだけで原因を特定させることはほぼ困難です。アレルギー以外の原因でも皮膚にじんましんができ、かゆみが生じることもあり、お医者さんは慎重に原因を特定しようとしてくれるはずですので、できるだけ正直にお医者さんの質問には答えて必要な情報を提供しましょう

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/11/18-383728.php?category=2)

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

寒冷に関する記事

非免疫系のアレルギーの「寒冷アレルギー」の予防法

  アレルギーには様々な原因があり、よく知られているものとしては、食物アレ...

寒冷アレルギーは季節に応じて対策が必要!秋は早めの対策を!

気温の変化、特に寒さに関する寒冷アレルギーというものがあります。寒冷蕁麻疹(...


基準温度は人それぞれ!寒冷アレルギーの予防法とは?

  アレルギーの一般的な予防法は、アレルゲンから遠ざかることにあります。 寒冷...

ポイントは首と腰!寒冷アレルギーを防ぐ服装と注意点

  寒冷アレルギーの人にとって、寒さは大敵です。体を冷やしてしまうと、じんまし...

カラダノートひろば

寒冷の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る