カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 色々なアレルギー >
  4. 寒冷 >
  5. 冬場外に長時間いる場合の寒冷アレルギー対策とは

アレルギー

冬場外に長時間いる場合の寒冷アレルギー対策とは

 

寒冷アレルギーには、2つのパターンがあります。一つは、自分の体温よりも低い温度の物質に触れることで発症する場合、そして、もう一つは、何らかの原因で体温が低下した後に温められることで発症する場合です。寒冷アレルギーは、寒冷じんましんとも言います。

 

寒冷アレルギーは、どちらのパターンも冬場に発生することが多いようです。寒冷アレルギーの症状としては、皮膚に赤みが生じる、一見、鳥肌に見えるわずかな腫れが生じる、そして、かゆみが起こるのが一般的です。では、このような症状が生じる前に、どのような対策をとることができるのでしょうか。

 

冬場外に長時間いる場合の寒冷アレルギー対策

 

冬場の寒い時期に、外に長時間いる場合は、身体を冷やさない工夫が必要です。外にいても、暖かさを感じることができる服装を着用しましょう。特に風が強い日は体感温度が下がりますので、風を通さないナイロンなどの化学繊維の上着を着ることで、風による体温低下を防ぐことが可能です。女性の場合は、下半身が比較的薄着になる場合がありますので、ストッキングやタイツ、靴下などを利用して身体を冷やさないように心がけましょう。

 

また、手の先や首のあたりなど、無防備な部分は、手袋やマフラーなどを利用することが重要です。首には頚動脈が通っており、大量の血液が流れていますから、首が冷えることで全身に冷えて血液が送られ、体温が低下しがちになります。

 

まとめ

 

寒冷アレルギーの症状は、何もせずに放置することで、症状が消える場合もありますが、放置することで症状が重くなる場合もあります。仮に何もせずに症状が改善したからといって、甘くみず、しっかりと対策を採ることが、今後の症状の悪化を防ぐ上でも大変重要ですので、上記の予防策を試してみることをおすすめします。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/04/04-377532.php?category=16)

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

寒冷に関する記事

基準温度は人それぞれ!寒冷アレルギーの予防法とは?

  アレルギーの一般的な予防法は、アレルゲンから遠ざかることにあります。 寒冷...

しもやけとは異なる「寒冷アレルギー」の原因

  寒い冬でなくとも、からだにかゆみを感じたり、ひどくなると呼吸困難におちいる...


寒冷アレルギーは季節に応じて対策が必要!秋は早めの対策を!

気温の変化、特に寒さに関する寒冷アレルギーというものがあります。寒冷蕁麻疹(...

寒冷アレルギーの症状発生のメカニズム

  寒冷アレルギーになると、かゆみを生じ、ストレスに感じる人も多いのではな...

カラダノートひろば

寒冷の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る