カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 原因 >
  5. その他 >
  6. うつ病を生み出す原因、機能不全家庭

メンタル

うつ病を生み出す原因、機能不全家庭

 

『機能不全家庭』という言葉を知っていますか?

 

家庭内に、もめごとや、不法行為、身体的、または性的、または心理的虐待が存在する、または育児放棄が見られる家庭をさします。

 

筆者はアルコール依存症の父から虐待をうけ、その言いなりになり、常にイライラしている母のもと、一人っ子で育ちました。摂食障害とうつ病の病床歴を持ちます。このように、機能不全家庭で育った子供、特に一人っ子であると、大人になるにつれ、うつ病やその他精神疾患がでやすいと言われています。

 

 

▼機能不全家庭の例

 

・父親、または母親が絶対的で誰も逆らえない。子供の意見が否定され続ける。

・カルト信仰、または歪んだ信念により、社会から逸脱したルールで暮らし、子供は強制される。

・父親、または母親が精神的病にあり、通常のコミュニケーションがとれない。

・なんらかの虐待が日常化している。

・両親の不和が日常化している。

・両親が子どもへ無関心である。

・完全主義の親により、子供が監視され続ける。

・子供を利用して、生活している。

 

▼機能不全家庭で育った子供達の特徴

 

親が望むものに合わせ、極端な役を演じるため、臨機応変に生きる、気をぬいて生活する、ということができない。

 

完全主義の親であれば優等生、虐待がひどければ自分の存在を消す、常に不和があれば嬉しくなくてもひょうきんなキャラを演じ続ける、お姫様を求められるので、お姫様のキャラクターを続ける、問題児であることで両親の離婚を防いでいると思えば、問題児をつづける、等。

 

大人になった時に、職場でも、完璧な何かの役を演じれなければ自分に価値がないと思いやすいため、うつ病やその他精神疾患が発症しやすい。

 

自分らしさがわからない。

 

周囲に振り回され続けたり、自分の意見をねじ伏せられたり、自分らしさを持つことが許されず、自分は何が好きで、何が苦手で、どんな生き方がしたくて、どんな生き方がしたくないのか、など、「自分らしさ」を喪失している。極端な場合、自分が嬉しいか、嬉しくないかもわからい人もいる。「自分らしさ」を喪失していると、生きる意味もわからず、うつ病やその他精神疾患になりやすい。

 

機能不全家庭を再現する。

 

幸せな家庭で過ごしたことがなく、どうすれば穏やかに暮らせるかがわからない。自分は不幸になる運命だと思い込む、または親に与えられた機能不全家庭の環境を当たり前だと思い再現する。家を出てからも人の言いなりになって、不幸な暮らしを改善しようとしないなどが見られます。

 

筆者は父からの暴力が日常的であったため、20歳ぐらいまで、子供は殴って育てるものだと信じていました。会社に入ってからは、上司のいいなりになり続け、うつ病へとつながりました。

 

◎他者の気持ちが分からない。

 

親にねぎらわれたり、優しくされて、救われた経験がないために、他人を思いやる気持ちがもてず、毒舌をはきがちで、周囲から孤立しやすい。

など

 

▼一人っ子のつらさ

 

機能不全家庭で育った場合でも、子供がたくさんいれば、子供同士の間で、機能不全部分を補い合い、なんとか自分らしさを見失わず暮らせることがあります。しかし、一人っ子の場合はひとりで機能不全の余波を請け負い、心を壊したまま大人になることが顕著です。うつ病の発症率も当然高くなります。

 

▼対策

 

機能不全家庭を作り出す背景は、両親の生い立ちにも機能不全家庭が見受けられます。そうして遡っていくと、戦争や差別、社会制度など人類が作り出した歴史的社会的問題にまで行きつくものです。

 

現在、機能不全家庭に育っている、または育った方は、自分の人生の不備を機能不全のせいにして両親を恨み、前を向かず生きるのではなく、歴史や社会のゆがみが原因でおきている、機能不全家庭の連鎖をどこかで立つ必要がある・・・そういう観点にたち、自らがその末端であり、連鎖を止める役目にいると意識することが大切です。

 

そういった意識で、うつ病や様々な精神的病を、ご自分のペースでよいので克服し、連鎖のない新しい家庭や人生を作って行って欲しいと願います。筆者自身、また筆者の周囲でも、機能不全家庭で育ったからこそ、本当に大切なことを見失わず、充実した家庭生活を送っている方もたくさんいます。

 

(Photo by://pixabay.com/ja/%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3-%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0-%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB-%E3%82%A2%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%88-%E9%A3%9F%E3%81%B9%E3%82%8B-%E7%94%9F%E6%B4%BB-75553/)

著者: 真綾さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

恋愛依存症って病気?うつ病に発展しやすい依存症

大好きな彼女や彼氏に夢中になりすぎて患ってしまう恋愛依存症は心の病気です。 ...

食べ物、食べ方…食生活がうつ症状の原因だった!?心に影響する"低血糖症"※専門医コメント有

憂うつな気分が続く、何をやっても楽しくない、疲れやすい、気力がない、イライラが...


仕事や介護、子育てから解放され一安心のはずが…うつ病に?

うつ病になる要因は、過度なストレス、ホルモンの変化、環境の変化などが多いとさ...

新型うつ病を悪化させる原因となる生活習慣

  気分屋、パニック症状、怒り行動、そんな特徴をもつ新型うつ病。脳の血流量の悪...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る