カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 予防 >
  5. 生活習慣 >
  6. 睡眠不足の人は高血圧になりやすい?

生活習慣病

睡眠不足の人は高血圧になりやすい?

  

生活習慣病の中でももっとも患者、または予備軍が多いのが高血圧です。十分な睡眠をとっていない中高年は高血圧になる可能性が高いのを知っているでしょうか。

 

 

睡眠不足と高血圧との関係

たとえば、ある研究によると睡眠時間が6時間と5時間のグループを比較すると、5時間のグループが高血圧になる割合が37%も高いと言う結果があります。そして、睡眠障害(睡眠無呼吸症候群)があると高血圧のリスクはあがるということも分かっています。

 

睡眠障害が高血圧を引き起こす?

上記のことは自律神経が大きく関係しているといわれています。一般的な健康な人の血圧の一日における変化は、起床時から徐々に血圧が上昇し、夕方を迎え、少しずつ血圧が低下し、睡眠中は低くなります。これは、日中の活動時には交感神経が優位となり、就寝中に副交感神経が優位となっているからです。一方、寝不足かつ、睡眠障害によって何度も覚醒していると、眠りの質が悪くなります。つまり、目は開いていなくとも、脳が起きている状態になることで就寝中も交感神経が優位となり、日中同様の血圧の高さになってしまうのです。これが高血圧を招くことになります。

 

質の良い睡眠をとるために

・起床・就寝の時間を決め手習慣づける…生活のリズムが崩れると体内時計の調子も狂ってしまいます。できる限り習慣化しましょう。

・昼寝はベッドでしない…睡魔に襲われ昼寝(仮寝)をする場合は、ベッドや布団ではなく違う場所がよいでしょう。ベッドに入ってしまうと、心地がよくつい長く寝てしまい、夜練れなくなってしまう可能性があります。

・カフェイン、アルコール、タバコはNG…これらは睡眠の妨げになります。なるべく午後や夜は避けましょう。また、食べ過ぎや激しい運動もNGです。

・休日のまとめ寝はNG…生活のリズムがくるってしまいます。疲れている日は早めに寝ましょう。

・寝室は暗めに、静かに、少し寒いくらいがベスト…脳に刺激を与えないために目からの刺激、耳からの刺激をなるべく少なくします。また、睡眠時に人は体温が下がっていきますので、少し寒く感じる方が眠りに入りやすいようです。

・眠るときは何も考えない…睡眠時に考え事をしてしまうと、脳が活性化されて眠れなくなってしまいます。眠るときは何も考えずベッドに入ることが大事なのです。

 

 

睡眠不測は高血圧を招きますが、高血圧はさらに心筋梗塞や脳卒中にもつながります。そうならないためにも良質な睡眠をとるよう心がけましょう。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/12/24-374442.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する
おすすめ記事

ストレスが血圧を上昇させる!ストレス解消をして血圧をコントロールしよう

  1. 生活習慣病
  2. 高血圧
  3. 予防
  4. 生活習慣

ストレスは、血圧の上昇と深い関連があります。ところが血圧が高めで、食事などに気をつかっている人でも...

睡眠不足の隠れた影響!?「よい眠り」は高血圧・糖尿病を予防する!

  1. 生活習慣病
  2. 高血圧
  3. 予防
  4. 生活習慣

人間は一生のうちの3分の1~4分の1の時間を、「睡眠」に費やしています。 ですが、実際には熟睡して...

生活習慣に関する記事

血圧を安定させるには副交感神経をアップする

高血圧になる原因は、加齢などの影響で血管が収縮し狭くなり、血圧を上げなければ末...

治療の必要の無い高血圧もある?そのケースとは?本態性高血圧と病気を伴う高血圧

    ■一般的に、高血圧と聞けばすぐに治療が必要な病気であると思われています。...


血管年齢を若返らせる習慣

  ■血管の状態がその人の寿命を決めると言っても良いぐらい、血管の疾患は命に直...

塩分摂取量を下げよう!高血圧予防のための生活習慣改善

日本における高血圧患者の約9割は本態性高血圧と呼ばれ、そのほとんどの原因が生活...

カラダノートひろば

生活習慣の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る