カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. 飲酒・喫煙の影響 >
  5. 母乳がまずい?赤ちゃんが飲まなくなった原因は?授乳中の食生活に注意!

育児・子供の病気

母乳がまずい?赤ちゃんが飲まなくなった原因は?授乳中の食生活に注意!

「赤ちゃんが母乳を飲んでくれない…」

このような問題に直面しているママはいませんか?

 

実は、赤ちゃんは味覚が敏感です。

ママの食生活で、母乳の味が変化することもあるのです。

 

ここではそんな母乳と、ママの食生活の注意点についてまとめました。

 

母乳を飲まなくなった…赤ちゃんは味覚が敏感?!

それまで順調に母乳を飲んでいた赤ちゃんが、突然母乳を飲まなくなるということはたびたび起こるようです。

 

赤ちゃんは味やにおいにとても敏感です。

香辛料のたっぷり入った料理など、普段あまり食べないものをお母さんが食べたあと、母乳の味やにおいが変化して、飲むのを嫌がることがあります。

 

また、乳腺が詰まってしまうと、乳腺炎にならないように早く赤ちゃんに飲んでほしいところですが、詰まってしまった腺の母乳は味が悪くなるため、飲まなくなってしまうことがあります。

 

母乳の味は変わる?

母乳の味はいつも一定ではありません。

食べたものによっても変わるし、体調やおっぱいの状態によっても変わるといわれています。

 

食べ物で変わる母乳の味

一般的に、母乳の味を悪くする食べ物として、

 

・ケーキやチョコレートなどの洋菓子類

・スナック菓子やカップ麺など油脂や塩分、添加物の多いもの

・フライ・天ぷら・中華料理・カレーライスなど、カロリーが高く油っこい料理

・牛肉・豚肉などの肉類

・まぐろやうなぎといった脂身の多い魚

などが挙げられています。

 

高脂質、高糖質、高カロリー、辛いものを好むお母さんの母乳は脂っこくて、飲んでいる赤ちゃんも脂臭くなり、湿疹なども出やすくなるとも言います。

 

母乳は色や見た目も変わる?

良い状態の母乳の味は、ほんのり甘くて、コップに搾乳して飲んでみると、大人が飲んでもおいしいです。

一方、悪い状態の時の味は、酸っぱくて臭いもきつく、大人が飲んでも「まずい!」「しょっぱい!」と思うような味になるといわれています。

 

色も状態によって変化します。

正常な母乳の色は少し青みがかった白や、お米のとぎ汁くらいまでの白い色をしています。

悪い状態の色は、濃い黄色やオレンジ色、黄緑っぽくなってきます。

 

白いタオルに向かって搾乳した際に、タオルの色が変化しない、もしくはクリーム色であれば正常範囲です。

逆に、搾乳した部位が濃い黄色になったり、オレンジ色や黄緑色になったりする際は要注意です。

 

アルコール入りの母乳はまずい

授乳とアルコールに関する研究の中に、母親がアルコールを飲むと乳児の母乳摂取が低下する(赤ちゃんが母乳をあまり飲まなくなる)という報告があります。

 

アルコールを飲むと、どうして赤ちゃんは母乳を飲まなくなるのでしょうか?

 

母乳は血液から作られます。

お母さんがアルコールを飲むと、体内の血液中のアルコール濃度とほぼ同じ濃度(90~95%)のアルコールが母乳にも検出されるようになります。

 

アルコール入りの母乳は酸味があり、アルコールのにおいもするため、赤ちゃんは飲みたがらない傾向があり、赤ちゃんがせっせと飲んでくれないことによって、さらに母乳の質が低下するという悪循環に陥りやすくなります。 

 

母乳は赤ちゃんにとって命をつなぐ大切な食事。

赤ちゃんが飲みたがらないということは、必死のSOSサインとして捉えたいものですね。

 

授乳中の食生活に注意!

ママが食べたものがおっぱいとなり、赤ちゃんの身体に取り込まれて成長していきますが、おっぱいはママの食べ物によって、味が変わります。

油脂、糖分、塩分や添加物も、そのままおっぱいに出ます。

 

赤ちゃんにとって美味しいかまずいかも、ママの食生活次第です。

生まれたばかりの赤ちゃんは、大人に比べて吸収力が100倍以上と言われいるので、ママは口にするものにしっかり責任を持ちましょう。

 

以下では、授乳中のママが注意すべき点について、まとめました。

 

乳腺炎

脂分や糖分が多い食事を取ると、血液がドロドロになり、血液でできている母乳もドロドロになるので、乳腺に詰まりやすくなります。

一度詰まると、腫れて、硬くなって、ものすごい痛みを伴います。

ひどい時には熱が出て、専門家にマッサージをしてもらわなければならなくなります。

 

理想的な食生活とは?

・野菜や豆腐中心の質素な食事を摂りましょう。

・妊娠中から引き続き、母体からカルシウムがどんどん吸い取られます。

しっかり補充する必要がありますが、牛乳や乳製品はアレルギーを起こす可能性があります。

小魚やゴマ、サプリメント(天然成分であるか、しっかり確認して下さい)などで代用しましょう。

・授乳中はオッパイを通じて卵アレルギーの反応がでることがあります。

摂り過ぎに気をつけましょう。

 

避けた方が良い食べ物

血液をドロドロにする食べ物は、乳腺炎になりやすいのでNGです。

・油脂と砂糖を多く含むスイーツ類。

ケーキやチョコレート、菓子パンなど。

・塩分や油脂、添加物の多いスナック菓子やインスタント食品。

・牛肉、豚肉などの炒めものや揚げ物は脂を多く含むので、脂を落とした料理方法を心がけましょう。

 

添加物や成分そのものが母乳に入ると、赤ちゃんに悪影響なものもあります。

・中華料理やカレーライスなど、カロリーが高く化学調味料を多く含む料理。

・珈琲や紅茶などのカフェインが多いもの、アルコール、タンニンを含む飲料。

・ジュースや清涼飲料水は、糖分(果糖も含む)や添加物を多いので避けましょう。

 

授乳期間だけのガマンなので、赤ちゃんの身体を第一に考えましょう。

ノンカフェインのお茶を飲み、質素で野菜中心の食事をとるように心がけましょう。

 

避けた方が良いものを食べたら、搾乳で捨てる手も

ですが、時には息抜きも必要ですね。

そんな時は、授乳後すぐにビールを飲み、次の授乳の前に搾乳してアルコール入りオッパイは捨ててしまいましょう。

ストレスはカルシウムも失いますし、オッパイの味も不味くしてしまいます。

 

避けた方が良い食べ物も、たまには息抜き程度に摂取して、オッパイは搾乳して捨てましょう。

上手に食べ物を摂取し、ストレスをためないようにしたいですね。 

 

photo by://www.ashinari.com/

著者: seasideさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

飲酒・喫煙の影響に関する記事

授乳中のタバコ…やめるにはどうしたら?赤ちゃんに与える影響と危険性

母親なら赤ちゃんのためにタバコはやめるべき。わかっていても禁煙はそう簡単にで...

授乳中に耐えられず一服!赤ちゃんへのタバコの影響を知っておこう

授乳中なのに、我慢できずに喫煙してしまったママはいますか?? 授乳中の喫煙...

飲酒・喫煙の影響の体験談

授乳中だけどお酒が飲みたい!

妊娠前はよくお酒を飲んでいたので、妊娠がわかって一番ショックだったことがお酒を控えなければいけないこ...

怖い!!虐待と同じ?授乳中のあかちゃんへのタバコの影響

妊娠するまでタバコを吸っていた方!! 妊娠中は吸うのを我慢できても産後はなかなか我慢ができなかった...

カラダノートひろば

飲酒・喫煙の影響の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る