カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 基礎知識 >
  5. 難しい医学用語…でもこれだけは知っておきたい!2つ

健康診断・健康管理

難しい医学用語…でもこれだけは知っておきたい!2つ

 

病院で使用される言葉は難解でよくわからない言葉が多いと思います。認知率の高い言葉であれば良いのですが、初めて聞くような言葉では話の内容を理解するのに苦労してしまいますよね。以下に知っておくとよい言葉をご紹介します。 

 

寛解(かんかい)

意味:症状が落ち着いて安定した状態です。病気の症状が一時的に軽くなったり消えたりしている状態で、この状態のまま再発せずに完全に治ってしまう可能性もあります。ですから再発する可能性もあると言う状態です。

 

漢字で書くと何となく想像ができるかもしれませんが、耳で聞くだけではよく分からない言葉だと思います。完全に治った状態だと誤解されやすいですが、寛解は一時的な状態で、症状がでなくなっても病気が治ったという状態ではありません。ですから、寛解の状態は再発の危険を想定して、定期検診などで様子を見る必要があります。

 

予後(よご)

意味:今後の病状の医学的な見通しを意味します。治療を行った後に、病状がどのような経過をたどっていくのかを予測し、見通しを立てたもので、病気の進行、治療の効果、生存確率など全て含まれています。予後を判断する材料は様々なものが使われますので、数値的に表すことはできませんし、必ずこうであるというものでもありません。

 

医師によってはこの言葉を余命の意味に限定して使用する場合もあるようです。しかし、予後3ヶ月と言われると、話しの文脈もあるとは思いますが、余命が3ヶ月なのか、3ヶ月で元気になるのかが分からなくなる可能性があるので、はっきりと説明してもらう必要があるでしょう。 

 

医師によっては分かりやすい言葉に変えて説明してくれる場合もあると思いますが、言葉の意味が分からない場合は恥ずかしがらずに聞いた方がよいでしょう。  

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/08/29-349556.php?category=393])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

今更聞けない健康診断のお話~「基準値」「健常人」とは?その基準

健康診断の評価を見てみると1やAが最も良い評価となっています。この評価は基準値...

ミネラル・ビタミン不足で低体温に… 低体温を治すには?

  食事制限によるダイエットをしていませんか?食事制限によるダイエットをしてい...


自分の体をきちんと知ろう!早期発見が大事!健康診断を受ける目的とは?

健康診断って受けるのが面倒だなと思ったことがあるかもしれません。ですが健康診...

良く使われる医学用語を正しく知ろう

  医師と話していると、その言葉の意味はなんだろうか、とわからなくなることがある...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る