カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 骨折 >
  4. 基礎知識 >
  5. お年寄りは要注意!咳による疲労骨折とは

介護・認知症

お年寄りは要注意!咳による疲労骨折とは

あまりにも咳がひどいときには胸が痛くなるという方もいます。咳をするたびに胸が痛くなるので、本当につらいと訴える場合もあるくらいです。

そんな咳による胸の痛みですが、人によってはそのまま骨折してしまうこともあるのです。

 

●咳による疲労骨折

咳による疲労骨折が起きるのは、長期間にわたって咳が止まらない方や、咳を伴う持病がある方に多いようです。咳をしたときに肋骨にひびが入って、最終的には骨折してしまうのが咳による疲労骨折の特徴です。

 

もともと持病がある方の場合は何度も咳によって肋骨にダメージを与えているので、持病とは関係のない風邪などの時の咳で肋骨が限界に達し、骨折する場合もあります。

どちらかといえば肋骨にひびが入るのみというケースが多く、骨折まで行く方は少ないです。

 

●お年寄りは特に注意が必要!

咳による肋骨の疲労骨折にもっとも気を付けるべきなのはお年寄りと言われています。

その理由は以下です。

・免疫が弱っており、そもそも咳が出やすい

・肋骨の弾性及び肋骨が弱っている

咳の出る持病のある方、体が弱くなってくる方もお年寄りには少なくありません。それにプラスして若いころとは違って肋骨の弾力が失われますので小さな刺激でも肋骨が骨折しやすくなっています。

 

●普段から骨を強くすることが予防になる

ある程度年を取ってきたら咳の予防や病気の予防とは別に肋骨の疲労骨折も予防していく必要があります。肋骨の疲労骨折の予防には骨を強くすることが第一で、骨密度の測定を定期的に行い、カルシウム摂取量にも気を付けてみましょう。

 

 咳による疲労骨折は肋骨にひびが入るパターンが非常に多いです。

特にお年寄りは免疫力が弱く咳が出る病気にかかりやすい、肋骨を始めとした骨が弱っていることから咳による疲労骨折には十分な注意が必要です。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2012/10/10/15/58/gardening-60656_640.jpg?i])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

高齢者の骨折~基礎知識を知ろう

高齢者の骨折の特徴をまとめました。    寝たきりにつながる可能性も 調査によ...

転倒により費やされる莫大な医療・介護費用!いくらくらいになる?

高齢社会の進展により、増加する高齢者の転倒は、骨折などのさまざまな重症外傷を...


高齢者が骨折しやすい理由って?

65歳以上の高齢者が転倒事故を起こす確率は、年間10~20%。そのうちの10~...

QOLの低下?!骨粗鬆による骨折を寝たきりにしないことが大切!

         人は加齢に伴い、骨密度が徐々に低下することが知られています...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る