カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 色々なアレルギー >
  4. その他 >
  5. 咳と鼻水が出たら要注意!寒暖差アレルギーとは

アレルギー

咳と鼻水が出たら要注意!寒暖差アレルギーとは

咳を伴う病気といえば気管支炎や喘息などが代表です。慢性的な気管支炎、喘息の場合は普段から薬を携帯して、過度な運動を行わないなどの注意も必要です。

咳を伴う病気で気管支炎、喘息の他にはアレルギーがあります。食物アレルギー、埃に対するアレルギーの他に寒暖差アレルギーでも咳が出るケースが見られます。

 

●寒暖差アレルギーはアレルギーじゃない?

寒暖差アレルギーとは急に寒くなったり急に暑くなったりしたときに咳や鼻水が出る症状を指しています。

この頃の日本では秋なのに夏日のよう、春なのに冬のようといった形で急に寒くなったり暑くなったりということがしばしばあります。そんなときに寒暖差が刺激となって、鼻づまりや咳を引き起こすのが寒暖差アレルギーの正体です。

ただし、通常のアレルギーと違ってアレルギー症状(鼻水や咳)を引き起こす原因物質のアレルゲンは見つかりません。

寒暖差は採取できるようなものではないので、アレルギーのような症状は出るもののアレルギーではありません。

一般名称は寒暖差アレルギー、医学的な名称は血管運動性鼻炎といいます。

 

●7度以上の温度差には注意

寒暖差アレルギーで咳や鼻水が出るのは7度以上の温度差があるときと言われています。

例えば真夏に屋外が35度で、屋内が28度だった場合でも寒暖差アレルギーの可能性があるということです。特に10度以上の寒暖差があるときには十分注意しなければなりません。

羽織るものを持っていったりして、徐々に体を涼しい環境に慣れさせていきましょう。

 

寒暖差アレルギーとは血管運動性鼻炎という病気で、7度以上の寒暖差で咳や鼻水を引き起こすのが特徴です。

温度差の大きい場所を出入りするときは羽織ものなどで対策するのが適切です。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/10/02-382811.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

温熱アレルギーの方の入浴方法

温熱アレルギーを持っている方の中には、お風呂から出ると必ずと言っていいほど蕁麻疹...

心因性アレルギーを回避するストレス解消方法

心因性アレルギーの原因は心理的負担にあると言われています。何らかの状況でストレス...


蚊アレルギーの症状

蚊に刺されると、誰でも皮膚が腫れたりします。ですが、その症状がいつまでも収まらな...

温熱アレルギーの症状とは?!

  アレルギーの症状のひとつが蕁麻疹です。何らかの刺激に皮膚が反応して、腫れや発...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る