カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 全般 >
  4. 原因 >
  5. その他 >
  6. 食べ物、埃、薬など…アレルギーで咳が出る仕組みとは

アレルギー

食べ物、埃、薬など…アレルギーで咳が出る仕組みとは

アレルギーとは特定の物質に身体が異常反応してしまう病気のことです。

アレルギーの元となっているアレルゲンは体に害を及ぼすものではないのに体の方が『これは悪い物質』と判断して体外に追い出そうとします。

アレルゲンには食べ物やほこり、薬、動物の毛などがあります。

 

●アレルギーの咳は喉の刺激から

アレルギーの症状には咳、鼻水、じんましんなどがあります。このうち、アレルギー性の咳とかかわっているのは喉に行く刺激です。

動物の毛のアレルギーを想像するとわかりやすいですが、動物のいる場所では毛は目には見えなくても空気中に漂っています。細かい毛については吸い込んだとしても、物理的な刺激を喉に感じることはありません。しかし、体の方はアレルゲンが入ってきたと感知しますのですぐにアレルゲンを追い出そうとします。

風邪の時に入ってきたウイルスを追い出そうと咳をするのと同じように、アレルゲンを追い出そうとするのが基本的な仕組みです。

アレルゲンが刺激となって喉から咳を出しているのです。

 

●アレルギー性喘息の可能性

アレルギー性の咳がアレルギー性喘息の症状だったという場合もあります。

喘息の場合は単なる咳だけではなく、喘鳴という『ヒューヒュー』とした音と呼吸困難を伴います。

喘鳴は静かにしていると他人にも聞こえる音ですので、お子さんの咳に喘鳴が混じっていないか親御さんは注意して音を聞いた方が良いです。

アトピー性皮膚炎や食物アレルギーを持っている子はアレルギー性喘息にもなりやすいので特に注意しましょう。

 

アレルギー性の咳は喉にアレルゲンがやってくることでアレルゲンを追い出そうとする仕組みが働いて起こります。咳だけではなく喘鳴も聞こえる場合はアレルギー性喘息の可能性が高いため、悪化する前に耳鼻科などを受診するようにしましょう。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/10/24/17/05/woman-200311_640.jpg?i])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

アロマキャンドルがアレルギーを誘発する?

アロマキャンドルや芳香剤は、日常的にもなじみ深いものとなってきました。ですが、ア...

腸内環境とアレルギーの深い関係!そのメカニズムとは

  このところ、腸内環境とアレルギーの関係がクローズアップされています。な...


抗菌・除菌グッズで免疫力低下

  ■アレルギーの原因は人の身体の免疫力が低下してしまうことが原因の一つで...

防腐剤、添加物がアレルギーのもと?食生活の変化とアレルギー

  ■それまで無害だった物を突然からだが拒絶するようになるアレルギーはかつ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る