カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 風邪予防 >
  5. 咳が出るときには避けやい!3つの食べ物

健康診断・健康管理

咳が出るときには避けやい!3つの食べ物

咳がひどいときには出来るだけ摂取を控えたい食べ物がいくつかあります。

ここでの咳は気道や気管支が敏感になっていることによって起きる咳と仮定します。例えば喘息や気管支炎、風邪などの咳です。

 

●咳にNGな食べ物

 

1.香辛料

唐辛子やわさびは日本人にとっても身近な香辛料の一つです。子供のころは苦手でも大人になるとあの独特なからさが癖になるという方も多いようです。

ただし、強い香辛料は気道が敏感な時には不用意な刺激を呼び起こします。香辛料によって咳が出ることもあるくらいです。

咳がよくなるまでは唐辛子、わさび、マスタードなどは避けてください。

 

2.冷たい食べ物

冷たい食べ物・冷たい飲み物も気管や気道を刺激して香辛料と同じように刺激を呼び起こして咳の原因となってしまいます。

咳をしているときには喉が乾燥するので飲み物を摂取するのはよいことですが、常温か少し温かい飲み物にしてください。

また、アイスやシャーベット、かき氷などは咳が出ているときや喘息の時にはNGです。

 

3.ウーロン茶

食べ物というよりも飲み物ですがウーロン茶は咳が出ているときにはNGです。

ウーロン茶は飲み心地がさっぱりしているのが特徴ですが、油を流してくれる効果があるため、喉の油分を失ってますます喉を乾燥させてしまう可能性があるからです。

ウーロン茶ではなく番茶、紅茶等であれば咳への悪い影響はありませんので好みに合わせて摂取してみてください。

 

気道が敏感で起きている咳、喉の乾燥で起きている咳などの時には唐辛子、わさび、ウーロン茶、冷たい飲み物や食べ物は接種しないようにしてください。

特に唐辛子やわさびなどの香辛料は気道への刺激が大きく、咳を悪化させる可能性も高いので咳が出るときの食事は味付けを優しくしましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/12/03-373578.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

風邪予防に関する記事

しょうがのパワーで、からだのの中から風邪予防

夏場の薬味や、冬場のしょうが湯、ダイエットなどでなじみのあるしょうが。風邪の...

毎日の食事で風邪を撃退!風邪予防に効果のある食べ物とは?

  つらい風邪をひくことなく風邪の季節を乗り切るためには、手洗いうがいや休息、...


空気の乾燥で喉が…そんなときに便利なノド飴、3種類の違いがあるのを知っていますか?

秋から冬にかけて、空気が非常に乾燥してきます。そこで気になるのが喉への影響では...

カラダノートひろば

風邪予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る