カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 基礎知識 >
  5. 進行後 >
  6. 痛風の後に出来る痛風結節…切除は可能?

生活習慣病

痛風の後に出来る痛風結節…切除は可能?

痛風結節はひじやかかとなどに出来るこぶ状の組織で、痛風結節の中には結晶化した尿酸が詰まっています。痛風発作の治療をしない、怠ることによって尿酸値が高くなっていると、大きな痛風結節ができる危険性があります。

 

●痛風結節による日常生活への影響

痛風結節は痛みがないという意味では、痛風発作よりもましな症状と思われがちですが、日常生活への影響は少なくありません。

 

痛風結節ができやすい肘についてみてみると、肘の痛風結節が大きくなることで関節の脱臼を引き起こすケースがあります。また、かかとに痛風結節が出来ることで歩きにくくなるなどの影響もあり、痛みはなくとも治療が必須です。

 

●痛風結節の治療の基本は薬物療法

痛風結節の治療をするときに基本となるのは薬物療法です。痛風結節の中に存在する尿酸結晶は薬物療法で尿酸値を低くすると自然に体外に排出されます。

 

痛風結節が出来る背景には尿酸値が高いという問題があるので、根本的な解決法は尿酸値を下げることとなるのです。

 

●痛風結節の切除手術

現在では痛風結節の治療は薬物療法が主流ですが、以前は切除手術が主流でした。

 

切除手術は日常生活への影響を減らせますが、根本的な解決にはなりません。そのことから、まずは薬物療法で様子を見ます。もちろん、痛風結節の切除手術の技術はあり、保険適用で手術を受けられます。

 

周辺の組織を圧迫して神経障害がある場合、潰瘍が出来ている場合などは切除もしくは縮小手術が行われます。

 

痛風のあとに出来る痛風結節の治療の基本は尿酸値を下げることです。

 

痛風結節の切除手術が行われるのは痛風結節によって関節に影響がある、神経に影響がある場合などで、切除するだけではなく痛風結節を小さくする手術もあります。 

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

進行後に関する記事

痛風発作を繰り返した後にできるコブ、痛風結節とは?

痛風発作を何度も繰り返していると、どんどん痛風の症状が悪化していきます。最初は...

痛風の発症から腎臓の機能がなくなるまで…放っておくと人工透析や腎臓移植が待っている!?

  痛風は生活習慣病のひとつとされています。その名のとおり不摂生や不規則な生活...


意外な病気の関係性 「痛風」は「腎障害」も併発する可能性大?

    贅沢病と呼ばれる痛風ですが、血液中の尿酸値が高くなることで引き起...

キケン!高血圧症の併発から広がる合併症

  痛風は合併症の多い病気とされ、痛風をきっかけとして様々な病気が連鎖していく...

カラダノートひろば

進行後の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る