カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 歯科健診 >
  5. いつまでも健康な歯を守ろう!虫歯予防に歯医者でプラークコントロール

健康診断・健康管理

いつまでも健康な歯を守ろう!虫歯予防に歯医者でプラークコントロール

 

プラークコントロールと言う言葉を聞いたことがあるでしょうか。プラークとは歯垢という意味ですので、その歯垢をコントロールするという広い意味を持つのがプラークコントロールです。

 

 

歯垢のことを食べかすと思っている人もいますが、それは正しくなく、本来は細菌の塊と言う意味です。ですからプラークコントロールをするということは、口の中の細菌の増殖を抑え、歯周病や虫歯を予防することにつながります。歯周病や虫歯は進行すると歯を失ってしまう可能性が出てくるほど怖い病気です。ですからプラークコントロールをすることはとても重要なのです。

 

プラークコントロールは歯磨きだけじゃない

歯垢を減らす方法としてすぐに思い当たるのが歯磨きだと思います。確かに歯磨きによって歯垢を落とすことはできますが、十分に歯垢を落とすことができるとかいうとそうとは言えません。むしろ歯磨きだけをしていても、磨き方によっては歯垢は歯の至る所に残ってしまいます

 

歯科で行うプラークコントロール

歯磨きなど家庭で行うプラークコントロールも不十分であるとはいえ大事なことです。しかしそれだけではプラークコントロールの方法としては不十分ですので、きちんと歯科などでプラークコントロールをしてもらうことも大切です。

歯石とり

…虫歯の治療などに行ったときに治療に先行して歯石をとってくれることがあると思います。歯科に行くと歯がつるつるになりますよね。これは単純に歯石をなくすという意味だけではなく、表面がつるつるになることによって歯垢が付きにくい状態になります。ですから定期的に歯石をとることがプラークコントロールの一つと言えます。

虫歯治療

虫歯があると歯の表面の凹凸が大きくなり、歯垢がつきやすくなります。そのため虫歯のある状態を放っておかないで、しっかりと治療することが大切です。

 

 

プラークコントロールができているかどうかで、その後の歯周病や虫歯のリスクが決まります。歯磨きで十分と思わず、病院での予防治療も行ってみてはどうでしょうか。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/03/30-015853.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

歯科健診に関する記事

歯科医が変わって、虫歯が出現したり無くなったりする!?歯科医によってなんで判断が変わるの?

  子どもの場合、学校で歯科検診があります。子どもの歯科検診というのは生えてき...

必要!大人になってからは自分から行くべき「歯の定期健診」…毎日歯磨きしててもダメなんです

  歯の健康というのは、寿命の長い日本では、生涯の健康にも直結する非常に重要な...


虫歯を放っておいたとき、応急処置はどのように行う?

  子どもの頃でも大人になってからでも虫歯を経験したことのある人はいると思いま...

気になる虫歯の治療期間!

  歯が痛いと思って歯科に治療に出かけると、虫歯の状態を確認してもらって治療が...

カラダノートひろば

歯科健診の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る