カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 生活習慣 >
  5. 運動の種類に気を付けて!痛風と運動の関係

生活習慣病

運動の種類に気を付けて!痛風と運動の関係

痛風は発作が起きていない時には特に症状がない病気です。痛風発作が起きるとひどい痛みがあるものの、のど元過ぎれば…と言われる病気でもあるのです。

そんな痛風ですが普段の生活の注意である程度痛風の予防や改善が出来ることもわかっています。運動も痛風予防には必要ですが、すべての運動がOKというわけではありません。

 

●痛風なら無酸素運動は避ける

無酸素運動とは一気に力を使う運動で、筋トレなどのことを指しています。

息を止めてグッと力を入れるため酸素を取り込みながら行えません。このことから『無』酸素運動と呼んでいます。

そんな無酸素運動ですが一度に体のエネルギー循環の中で生み出すプリン体が多くなることで痛風には悪影響と言われています。

筋肉の中に尿酸が溜まりやすくなることから痛風の人は過度な筋トレなどを避けた方がよいのです。

 

●有酸素運動は効果的?

無酸素運動と対極にいるのが有酸素運動です。有酸素運動は酸素を取り込みながら行う運動で、ジョギングなどが代表です。

有酸素運動は無酸素運動に比べるとプリン体の生成が少なくなることから痛風に悪影響はないとされています。なお、アメリカ人男性およそ29000人を対象にした研究ではランニング距離が長い人、適度の運動をする人は痛風発症リスクが0.6-0.9倍に下がることもわかりました。

 

●健康管理のためにも運動は必須

痛風以外の病気の予防にも運動は必須です。週に2-3回でもよいので軽い有酸素運動を取り入れるとよいでしょう。年を取ってきて膝に痛みがあり、ウォーキングが難しいという場合は水泳がおすすめです。膝を痛めずに有酸素運動が出来ます。

 

痛風の人にとっては大量にプリン体を生み出すタイプの無酸素運動はあまり向いていません。

健康のためにも運動は必須ですので週に2-3回の有酸素運動を行ってください。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/09/23-382298.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活習慣に関する記事

お風呂の習慣は痛風にいい!しっかりと湯船につかって痛風発作を予防しよう!

  近年は日本人でも、毎日しっかりと湯船に湯をはって浸かるという人が少なくなっ...

運動が逆効果?尿酸値高めの人は激しいスポーツに御用心!~プリン体の生成~

  生活習慣病の予防や改善には、しばしば運動が勧められます。尿酸値を下げる...


痛風と生活習慣~発作時の対応~

     痛風のみならず、多くの生活習慣病は、多彩な遺伝素因を持っているところ...

高い尿酸値は心筋梗塞・脳卒中の可能性を呼び込む!危機回避には「全体」への対策を

  生活習慣病はいくつかありますが、それらは合併することが多くあります。それぞ...

カラダノートひろば

生活習慣の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る