カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 胃炎(慢性・急性) >
  5. 過労や睡眠不足でも急性胃腸炎になる!?肉体的ストレスには休養が大切です

気になる病気・症状

過労や睡眠不足でも急性胃腸炎になる!?肉体的ストレスには休養が大切です

ストレスが原因での急性胃腸炎は、現代人に多い病気としてあげられます。これは、日々の生活の中でストレスを受けることが多い現代社会が原因と考えられます。

 

ストレスを感じない環境であったり、ストレスを溜め込まないように生活していれば大丈夫と思われますが、実はストレス以外の過労や睡眠不足でも、急性胃腸炎になる可能性があるのです。

 

ストレスを感じていなくてもストレスでの急性胃腸炎に

自分はストレスを感じていない、ストレスの上手な発散方法を実践しているという人でも急性胃腸炎になり、その原因がストレスであると言われることがあります。これは過労や睡眠不足が原因で、自分ではストレスと感じていなくても、自然と体はストレスを感じてしまっているからなのです。

 

ストレスとはとても表現しにくいもので、同じ状況であってもストレスを感じるか感じないかは人それぞれであり、自分でストレスだと感じる人もいれば、ストレスを実際には受けているのにそれを感じにくい人もいます。

 

ですから、自分はストレスを感じていないのに、ストレスによる急性胃腸炎になるということもあるのです。

 

特に過労や睡眠不足などは、ストレスと直接関係ないようにも思えますが、体に対して与えているストレス、つまり肉体的ストレスにあたり、これにより急性胃腸炎になることがあるのです。

 

肉体的ストレスには休養が大切!

過労や睡眠不足などによる肉体的ストレスを防ぐためには、休養が大切です。体に負荷を与え続けるのではなく、休みの日にはゆっくりと寛ぎ、体を休ませてあげるようにしましょう。

 

これによって肉体的ストレスが軽減され、急性胃腸炎になる確率も下がることでしょう。

(Photo by: [//www.pakutaso.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃炎(慢性・急性)に関する記事

急性胃腸炎…長期間治らないときの原因は?いつまで続くの?

急性胃腸炎の原因には、ウイルスや細菌、ストレス、アルコールなど、さまざまなも...

下痢や嘔吐が止まらない! 急性胃腸炎で入院に!?

急性胃腸炎は、胃痛や腹痛、下痢や嘔吐を繰り返す症状がみられる病気です。通常症状...


暴飲暴食が原因でも急性胃腸炎になる!?刺激の強い食べ物に注意

  急性胃腸炎の中には急性単純性胃炎といわれるものがあり、その原因のひとつは暴飲...

急性胃腸炎の応急処置法!~主症状が嘔吐の場合について

急性胃腸炎に多い症状が嘔吐です。最も酷い時には嘔吐を頻繁に繰り返し、苦痛を伴い...

カラダノートひろば

胃炎(慢性・急性)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る