カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 胃炎(慢性・急性) >
  5. 急性胃腸炎の症状はどれくらいの期間続くの?

気になる病気・症状

急性胃腸炎の症状はどれくらいの期間続くの?

 

急性胃腸炎は、インフルエンザに感染したときにウイルスによってなってしまうものや、ストレスが原因のもの、食中毒や刺激物などが原因で起こることがあります。

急性胃腸炎の症状は激しい下痢や嘔吐などで、大変辛いものです。水分が急激に排出されてしまうので脱水症状になることもあります。

 

辛い症状が長引くことも

下痢や嘔吐などの症状が長引くと、外出することもできなくなります。症状が軽いのであれば2~3日である程度症状が落ち着くこともありますが、酷い状態だと1週間以上と長引く場合もあります。その人の体調や何が原因であったか、そして対処方法などによって違ってきます。急性胃腸炎の場合、食べたら出すの繰り返しが症状ですので、本当に酷い症状だと感じた場合は、全く食べないというのもひとつの方法です。

 

症状を早く治すには

症状が酷い場合、食べたら直ぐに出してしまうという行為が繰り返され、それが悪循環になるときがあります。人は2,3にち食べなくても大丈夫なものです。胃を空っぽにして、刺激を与えないようにするためにも、嘔吐や下痢をしている内は、食事を取らないでいると回復するのが早くなることもあります。しかしその場合でも、脱水症状を防ぐために、こまめな水分補給は必ず行うようにしましょう。

 

急性胃腸炎の回復を早くするには、食事を取らないことや、食べるものに気をつけるなどして、なるべく胃にこれ以上負担をかけないようにすることです。症状が回復しても直ぐに普段通りの食事に戻すのではなく、徐々に胃を慣らすような食事内容を心がけることが大切です。

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20130923256post-3279.html])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃炎(慢性・急性)に関する記事

急性胃腸炎の症状が酷い時は薬の服用も症状を悪化させる!?

急性胃腸炎になった時は、胃腸薬などを服用して2~3日安静にしていれば回復するも...

ストレス性胃腸炎で起きる発熱

胃液分泌の仕組み 胃は、口腔から食道を介して胃に入ってきた食物などを胃酸で溶か...


温める、牛乳を飲む、薬を飲むなど…自宅でできる急性胃腸炎の応急処置!

急性胃腸炎になってしまったら、すぐに病院へ行ければ理想的です。しかし、それがで...

ストレスによる急性胃腸炎!!発症しやすいのはこんな人!

激しい腹痛や下痢、嘔吐などの症状で胃腸炎と診断されても、ウィルス・細菌感染や...

カラダノートひろば

胃炎(慢性・急性)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る