カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 胃炎(慢性・急性) >
  5. アルコールで急性胃腸炎にならないために!急性胃腸炎とその回避方法

気になる病気・症状

アルコールで急性胃腸炎にならないために!急性胃腸炎とその回避方法

急性胃腸炎は、胃が炎症を起こす病気で、嘔吐や下痢、胃痛や腹痛などが症状として現れるものです。

最も多い原因は食中毒などによる細菌が原因での急性胃腸炎ですが、年末年始の忘年会や新年会で、アルコールを摂取することの多いこの季節は、アルコールによる急性胃腸炎になる人が増える時期でもあります。

 

どうして急性胃腸炎になってしまうのか?

急性胃腸炎は、胃の粘膜が刺激を受け炎症を起こしてしまう状態です。

ストレスなどにより胃酸が過剰に分泌されて、胃酸が胃粘膜を溶かしてしまったり、細菌やウイルスによって胃粘膜が傷つけられることでも起こります。

 

アルコールによる急性胃腸炎は、アルコールの摂取で胃酸が多量に分泌され、胃酸が胃粘膜を溶かしてしまい、胃の粘膜がアルコールや胃酸で刺激を受けてしまうために炎症を起こしてしまうことです。

 

アルコールによる急性胃腸炎を回避するには

アルコールによる急性胃腸炎は初期状態であれば、二日酔いというもので終わってしまう場合もあります。

胃がむかついたり、胸焼けや気持ち悪いなどの症状は、胃粘膜が胃酸によって溶かされ、少なくなっている状態です。

 

この状態のままアルコールを摂取し続けると、胃粘膜はなくなり胃に直接胃酸やアルコールが触れてしまうために、急性胃腸炎を起こしてしまうのです。

アルコールによる急性胃腸炎は、二日酔いが初期症状であることでわかるように、2~3日で回復します。

 

しかし毎日のようにアルコールを摂取し続けると、回復するまもなく胃がダメージを受け続けることになるので、急性胃腸炎へと発達してしまいます。アルコールによる急性胃腸炎を回避するには、2~3日の休肝日を設けて胃を休ませてあげることが大切です。

 

急性胃腸炎も慢性化すると慢性胃炎となり、全身の倦怠感や胃痛、胸焼けなどの症状が続きます。また炎症が慢性化すると、胃がんの発生率も高くなります。

年末年始の行事だからといって毎日アルコールを摂取し続けるのではなく、休肝日を設けて急性胃腸炎にならないよう注意しましょう。

 

(Photo by://www.pakutaso.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃炎(慢性・急性)に関する記事

下痢や嘔吐が止まらない! 急性胃腸炎で入院に!?

急性胃腸炎は、胃痛や腹痛、下痢や嘔吐を繰り返す症状がみられる病気です。通常症状...

突然の体調不良 急性胃腸炎で入院となることも!?

    突然体調不良となり、病院を受診したら急性胃腸炎と診断され、入院という...


胃腸炎で処方される薬

    秋から冬にかけて流行するノロウイルスやロタウイスル等による感染性胃腸...

ストレスが原因の急性胃腸炎を防ぐには?

  現代人に多い、ストレスが原因の急性胃腸炎。 家庭や学校、職場での人間...

カラダノートひろば

胃炎(慢性・急性)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る