カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 胃炎(慢性・急性) >
  5. 突然の体調不良 急性胃腸炎で入院となることも!?

気になる病気・症状

突然の体調不良 急性胃腸炎で入院となることも!?

 

 

突然体調不良となり、病院を受診したら急性胃腸炎と診断され、入院というケースがあります。

急性胃腸炎は、胃痛や腹痛、下痢や嘔吐を繰り返すなどの症状が見られ、入院となる場合は、下痢や嘔吐により脱水症状になっていたり、吐き気が酷く薬が服用できないといった症状が酷い時になります。

 

どうして急性胃腸炎に?

急性胃腸炎はその名の通り、急激に胃腸に症状が見られる病気です。原因はインフルエンザなどにより胃にウイルスが侵入したり、ストレスによるものだったり、暴飲暴食やアルコールの多量摂取でなるもの、そして一番多いのが食中毒などの細菌によるものがあります。

これらのように急性胃腸炎になる原因は様々であり、体調不良などが影響されやすい胃に症状が現れてしまいます。

 

突然の入院は脱水症状によるもの

突然体調が悪くなり、胃痛や腹痛、下痢や嘔吐を伴う症状に見舞われた場合、胃薬や休養などではじめは様子を見ると思います。

しかし一向に症状はよくならず、そこで初めて病院を受診すると入院となってしまうことがあります。これは、下痢や嘔吐を繰り返すことで、水分補給が間に合わなくなり、脱水症状を起こしてしまっているからです。

一度脱水症状を起こしてしまうと、口からの水分補給だけでは間に合わなくなり、さらに症状が悪化してしまうので、点滴により水分を補給しなければならなくなります。

また、嘔吐を繰り返していると薬を服用しても直ぐに吐いてしまうため、薬の効果が発揮されません。そこで薬の成分を含んだ点滴をすることにより、直接薬が効く様にしているのです。

 

急性胃腸炎は様々な原因で起こりうる病気です。

特にインフルエンザや腐敗したものを食べたという事実がない限りは、ただの腹痛や体調不良で済ませてしまうことも多いかもしれません。

しかし症状が酷くなり脱水状態になると緊急入院となる場合もあるので、なるべく早く病院を受診するようにしましょう。 

 

 

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20131107319post-3500.html])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃炎(慢性・急性)に関する記事

ストレスから急性胃腸炎を発症するさまざまな理由

急性胃腸炎の症状があるのに検査をしても異常が見つからないのは、ストレスが原因の...

急性胃腸炎の時は…食事はNG!

  急性胃腸炎は、胃酸が過剰に分泌されることによって、胃の粘膜が傷つき炎症...


胃腸炎で処方される薬

    秋から冬にかけて流行するノロウイルスやロタウイスル等による感染性胃腸...

アルコール度数、飲酒量に注意!アルコール性の急性胃腸炎

飲酒が原因で起こる急性胃腸炎を「アルコール性胃炎」といいます。アルコールで急性...

カラダノートひろば

胃炎(慢性・急性)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る