カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 胃炎(慢性・急性) >
  5. 脱水症状が危険!急性胃腸炎になったら水分補給をしよう

気になる病気・症状

脱水症状が危険!急性胃腸炎になったら水分補給をしよう

 

急性胃腸炎は、胃の粘膜が傷つき炎症を起こす病気です。症状は急激な腹痛と胃痛、嘔吐や下痢などを繰り返します。嘔吐や下痢が激しいため、放置すると脱水症状になって入院となることもあります。

 

急激な水分減少

下痢や嘔吐を繰り返す急性胃腸炎では、飲んでも直ぐに吐いてしまったり、下痢として排出されてしまったりします。飲むと直ぐに排出されてしまうので、飲むことを止めてしまったりしてしまう人もいるでようが、それが脱水症状の原因となります。

 

また、嘔吐や下痢で大量にそして急激に水分が失われてしまうので、自分では十分に水分補給をしているつもりでも、実際は水分補給が間に合っていない状態であることも多いのです。

 

スポーツドリンクをぬるま湯温度で

急激に水分が排出されてしまいますが、沢山水分を補給すればいいというわけでもありません。熱すぎたり冷たすぎる飲み物は、かえって胃を刺激することになってしまいます。

 

温度はぬるま湯程度で胃に負担をかけない温度にしましょう。また、水だけでは失われた水分を補給するのに十分ではありません。

 

水分排出には、塩分やミネラルも同時に排出されてしまいますので、イオンや塩分、ミネラルなどが含まれているスポーツドリンクの方が適しています。

 

 

急性胃腸炎になって緊急入院となってしまう場合は、脱水症状が見られるときが多いです。特に乳幼児は脱水症状になりやすいので、ぬるま湯程度に温めたスポーツドリンクを、少しずつ回数を分けて飲むようにしましょう。  

(Photo by: [//www.pakutaso.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃炎(慢性・急性)に関する記事

ストレスから急性胃腸炎を発症するさまざまな理由

急性胃腸炎の症状があるのに検査をしても異常が見つからないのは、ストレスが原因の...

急性胃腸炎の応急処置法!~主症状が嘔吐の場合について

急性胃腸炎に多い症状が嘔吐です。最も酷い時には嘔吐を頻繁に繰り返し、苦痛を伴い...


暴飲暴食が原因でも急性胃腸炎になる!?刺激の強い食べ物に注意

  急性胃腸炎の中には急性単純性胃炎といわれるものがあり、その原因のひとつは暴飲...

刺激のある食事は急性胃腸炎になりやすい!?

  急性胃腸炎は、インフルエンザなどのウイルスやストレスなどによって、胃酸...

カラダノートひろば

胃炎(慢性・急性)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る